90年代ヒット曲アーティスト7選!/アラサー世代が懐かしさのあまり爆発四散するッッ!!

スポンサーリンク

私はもうアラサーになりましたが、やっぱり多感なころに聴いた音楽っていつまでも残ってるんですよね。

特に、はじめて自分の意志で音楽に触れだした小学生のころ。わたしはアラサーなので、90年代初頭がその時期です。

イントロが流れただけで、無条件にアドレナリンが放出するっていうか。

おそらく皆さんもそうではないでしょうか。

 

90年代はヒット曲の宝庫。セールス100万枚越えヒット曲がザラにありましたもんね。

今回はそんな90年代のキラーヒット曲をリリースしていったアーティストのなかでも、筆者の印象に強烈に残っているものをピックアップしていきます!

ゆっくりしていってね!

 

ポケットビスケッツ

小学校のころ、めちゃくちゃ流行りましたよね!!

みんなウリナリ観てましたもん。

ドーバー海峡横断とかね。社交ダンス部とかね。ね!!!

千秋はこれが実質デビューだったんじゃないでしょうかね。

私もカセットテープにダビングして聞きまくりましたよ。

 

ブラックビスケッツ

ビビアンスー懐かしい…!!

ポケビと並んで社会現象を巻き起こしたユニットですね。

天野くん歌上手いやん…ということが世間に知れ渡ったユニット。

 

ちなみに、Wikipediaによると

1997年1月10日初登場。当初はポケットビスケッツを潰すために結成された、南々見、天山、ビビアンの悪者3人グループであり、ポケビの曲が流れると耳を塞いでわめいたり、ゲームで勝利することでエンディングで流れるポケビ曲の時間を削り、その時間をブラビ3人で歌う演歌のカラオケ等で埋めるなど意地悪を行っていた。一時はメンバー引き抜きを賭けたミニ四駆対決に勝利して、テルウドの引き抜きに成功し、ポケビを消滅寸前に追い込んだものの、最終決戦となった綱渡り対決でサーカス団に頼み込んでまで練習を重ねた千秋のポケビ存続への執念の前に敗れ去り、ポケビ消滅計画は脆くも崩れ去った。因みに彼らの悪事は台本によるものであるが、真に受けた視聴者からブラビへの批判・苦情が殺到。番組内で多数紹介された。

Wikipediaより引用

ミニ四駆とか苦情とか、どこから突っ込んでいいのか迷いますね笑

今見れば突っ込みどころ全開ですが、当時は真剣に観てましたよねえ…

 

はっぱ隊

ウッチャンナンチャン好きやな、私…

笑う犬もみんな観てましたよね。

私はパタヤビーチと10円が好きでした。10円はちょっとマニアックですかね?笑

 

SPEED

女子みんな好きだったもんなあ、SPEED…

ウチのクラスの子達が、クラスのお楽しみ会で歌ってました。

 

1995年11月、『THE夜もヒッパレ』でグループ名を公募し、1996年1月にグループ名が決定。1995年に初めてテレビ出演した際は「島袋寛子(小5/11歳)今井絵理子(小6/12歳)上原多香子(中1/12歳)新垣仁絵(中2/14歳)」であった。

Wikipediaより引用

夜もヒッパレ!!!懐かしい!!!!

これでグループ名が決まったんですね!

 

ちなみに、他の名前候補は

「沖縄チャキチャキ娘」「ハブとマングース」「スーパーモンチッチ」等だったそうです。

なんじゃそりゃ…SPEEDでよかったね…

 

嘉門達夫

小学生男子必携アーティストといえばこの人!という嘉門達夫。

替え歌メドレー最高でしたわ…

遠足のバスの中で、皆で歌いましたわ…

さーよなーらwwww大助wwww花子ーーーwwwwww

 

この人の経歴はなかなか波乱万丈でして、

  • 1980年 – 笑福亭鶴光から破門を宣告され、松竹芸能との専属契約を解除される。担当番組も全て降板。その後、「自らを見つめ直す」という理由でほどなくして日本放浪の旅へ。与論島やスキー場でアルバイトをしながら今のコミックソングのスタイルに行き着き、自らの目指す方向性を確立する。

    Wikipediaより引用

  • 1981年 – 日本を放浪の後に「次は海外へ放浪しようか」と考えていた頃、偶然にもスキー場で作った曲が芸能プロダクション・アミューズ大里洋吉会長(当時)の耳に止まり、サザンオールスターズの「チャコの海岸物語」をアミューズの契約社員として有線などへの営業回りの仕事をすることに。この時の縁がきっかけでサザンのコンサートの打ち上げなどにも参加することもあり、バンドフロントマンの桑田佳祐とも面識が出来る。その後桑田とも親しくなり、桑田に自らの芸名を考えて欲しいと依頼(桑田に依頼した理由は、所ジョージの芸名の名付け親がミュージシャンの宇崎竜童だったという話に起因していると後に本人が語っている)。最初、桑田は“カメリア・ダイヤモンド”という名前を考えたが、嘉門が却下。その後、桑田が別の活動の時に使用していた“嘉門雄三”の苗字を譲り受ける。以降、“嘉門 達夫”と名乗るようになった[1]。その後、ヤンタンにも復帰する。

    Wikipediaより引用

元落語家で破門される→サザン桑田佳佑から名前をもらう という…

すごいのか、すごくないのか。

 

H Jungle With t

HEIHEIHEI!!コレもまた流行りましたねえ。

オリコン的にもかなり上位にランクインし、話題になりました。

未だにカラオケとか、歌う人いますもんね。いない!?

 

本来ならglobeはこの時期にデビューさせる予定だったが、小室は浜田からこの依頼を受けた事によってH Jungle with tの楽曲作成を優先した。その結果、globeは同年8月デビューになったと、浜田は『ダウンタウンDX』(日本テレビ)で同じ小室ファミリーであるhitomiがゲスト出演した際に語っている。

Wikipediaより引用

ええwwwwハマちゃんwwww恫喝wwwww

 

野猿

とんねるずと、フジテレビ系列スタッフで組まれたユニット。

とんねるず以外皆素人なのに、シリアスで歌上手くて好きでした。

メンバーの人事異動により、「撤収」(=解散)したそうですが笑

 

まとめ

ネタ枠が多い気がしますが、まあ小学生ですもんねえ。

書いてて懐かしくなりました!

久しぶりに聴いてみるのはいかがでしょう??

スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)