べっぴんさんはつまらない?おもしろい?みんなの感想まとめます【随時更新】

スポンサーリンク

放映開始から時が経ってきている、NHKの朝ドラ「べっぴんさん」。

個人的には、今回の朝ドラもおもしろいなあ…と思いながら観ています。不器用少女のすみれが成長していく姿がいいじゃないですか、なんともまた。

 

しかし、視聴者側の期待はいつにも増して高まっています。

社会現象を巻き起こした「あさが来た」、驚異の平均視聴率22.8%となった「とと姉ちゃん」に続いての今作「べっぴんさん」。

言うなれば、「ハードル上がりまくり」です。感想も厳し目になりそうな…?

 

…とはいえ、朝ドラは賛否両論あるのがつきもの。

今回の記事では、否定肯定ともに「べっぴんさん」の感想を調べて紹介します!

 

感想は「つまらない」?ココが変だよ・べっぴんさん

max87_batuwotukuttagaijin20140531_tp_v-1

やはり「朝ドラ」へのハードルが上がっている分、キビし目の感想も見られます。

代表的なものを、3つの項目に分けてまとめますね。

 

①執事・井口忠一郎がクドすぎ問題

 

執事の「忠さん」こと井口忠一郎。

彼の振る舞いがどう考えても浮いてるし、クドすぎる!というのに、まず引っかかる人が多いようです。

執事を演じておられるのは、曾我廼家 文童(そがのや・ぶんどう)さん。

「松竹新喜劇」という、いうなれば吉本新喜劇の永遠のライバル…的な劇団の超大物の方です。コッテコテの関西風演技で魅せてこられた方なんですね。

私含め、関西文化が当たり前の方とっては「ああwwwまたやってるwwwwwやっぱクドいなあwwwww」ぐらいで済むんでしょうが。

あまりなじみの無い方にとっては「ガチでどうにかして欲しい」と感じるんでしょうかね(笑)

 

②ストーリー展開がよくわからない

もちろん脚本家が変わるわけですから、ストーリーの展開も脚本家なりの進め方があるんだとは思いますが。
まだ開始1週間では、何とも言えないのでは…?

こちらは、好みにだいぶん左右されるように思います。

 

③役者

関西弁が、俳優さんたちにとって大きな壁になっている様子。

プロの役者さんでも、初めての挑戦からうまくいくわけじゃありません!回が進むにつれてどうなっていくのか、楽しみにしたいと思います。

 

④朝から重い…暗い…

疎開先で冷たい仕打ちを受け、いざ商売をしようとすると何をやっても報われず…

しかも、突き刺さるリアルな嘲笑のことば。

朝から見ると、1日引きずっちゃいそうな…というカンジを持つ方も多いよう。

 

脚本家の渡辺千穂さんは、「ファースト・クラス」などのドラマを手がけた方。女性社会のドロドロ劇を描いたドラマです。

人間関係の「リアル」をありありと描いている分、ちょっとエグみや冷たさが色濃く出てしまうというか…そんな感じなんでしょうか。

 

感想は「おもしろい」!べっぴんさんを応援する声

ozpa_bucyouiineoshiteokimashita_tp_v-1

否定的な意見も多いですが、「べっぴんさん」の持つ雰囲気もなかなかいいじゃないか…!という方も多数。

そんな「べっぴんさん」への肯定的な感想を、こちらも3項目に分けてまとめますね。

 

①役者さんの演技が心を撃ち抜く!

今回の役者さんたちもまた、一流勢ぞろい。彼らの演技に心をグッと掴まれている方が続出です!

あまりメジャー級ではなかった主演・芳根京子さん。彼女の自然体な演技が注目されています!大ブレイクの予感。

生瀬勝久・菅野美穂・市村正親・高良健吾…挙げればキリがありませんが、相変わらずいい味出されてます。

 

個人的には、市村正親さんが絶妙にドラマのバランスを取っておられるなあ…と感じます。

右も左もわからず、時には落ち込んだり衝突したり…そんなすみれ達をやさしくフォローして、受け止めています。時にはやさしく諭したり。

ちょっとリアルすぎてエグみさえ感じてしまう人間関係や出来事があっても、市村正親さん演じる麻田さんには雰囲気をリセットしてしまう魅力があるように思います。

 

※執事・井口忠一郎もしっかり愛されています(笑)

 

②製作の細やかさ

演出の細かなところに気が配られている!という感想も。

中には「そんなところまでよく見てんなあ!」と感心する感想も…

 

③ストーリー・脚本が良いぞ!

ここまで1週間、イイ感じのストーリー展開じゃん!という感想も。これから先も目が離せない!!

これも、「ハマった人にはハマった」という感じでしょうか?

観続けてるうちに、「べっぴんさん節」ともいえる雰囲気が出来上がっていくんじゃないか…と踏んでいます。

 

べっぴんさんの感想をまとめてみると

賛否両論出る=注目度が高い ってことだと思います!

これからも、ストーリーが展開するたびにいろんな感想が出てくることだろうと思いますが…それは注目度の証!

今後のストーリー展開にも期待しましょう!

スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります!

2 件のコメント

  • べっぴんさんを誉めてる人は必死で応援してる感じがする。
    特にYahooの掲示板は顕著で前々作のあさがきた信者の人が、前作をまるで憎むように叩きまくって、今回上げまくってるようにしか見えなくて。
    幼い頃からずっと朝ドラを見てきたので、べっぴんさんも毎日見てますが、今のところそんなに絶賛する内容でもないです。
    ダメでもないけど、引き込まれる感じでもなく、ながら見でいいかなといった感じ。
    主人公の描き方が浅くて感情移入できないんですよね。
    今後どうなっていくか期待してます。

    • べっぴんさんを褒めている人は必死に応援してる、とありますが、それは批判している側も同じだと思います。
      内容を見ると、批判ありきで粗探しをしているようにも見えるんですよね。

      もちろん、賛成の意見だけというのは非常に気持ちが悪いのは納得です。だからと言って批判だけというのも論外でしょう。

      ましては今回のべっぴんさんの脚本は巷では「爆死メーカー」を呼ばれている渡辺千穂さんです。
      ちょっとした問題があれば、「やっぱりこの脚本家の作品だからだ」と叩きやすいんですよね。

      まあ、Yahooの掲示板の感想を見ると、朝ドラに強烈なアンチはもはや恒例なのかな、と感じます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)