カリオストロの城に出る車、オシャレすぎ!ルパンや皆が乗っているのは何?【ルパン三世】

スポンサーリンク

「ルパン三世 カリオストロの城」…名作ですね、ホントに…

 

しかし…レトロ車好きな私としては、の方に目がクギヅケになってしまうのです。

ルパンの乗ってる車が個人的には一番好みなんですが、クラリスが乗ってる車も気になります。

カリオストロ伯爵の手下が乗ってる、あのゴツいのも。

 

今回は「カリオストロの城」に出てくる車がいったい何なのか?を調べたいと思います。

 

ルパンの愛車は「フィアット500」。カリオストロの城限定だぞ!

ルパンが乗ってる、黄色くてコロッとしたあの車。次元やルパンの運転によって、あの可愛らしい見かけからは想像もつかない、アリエナイ動きを見せています。

あの車の名前は、「フィアット500」

こちらの方がツイートしておられるのは、この「フィアット500」を「カリオストロの城」仕様に改造(再現)したもの。

後ろのトランクがカパっと空いているのは「スーパーチャージャー」という、エンジンのはたらきを強化する装置が付いているから。これも、「カリオストロの城」で大きなインパクトを与える改造。

屋根は開閉可能になっています。

 

「ルパンの車」として広く認知されている、この車。

しかし意外にも、「ルパン」シリーズの映画でこの車が出るのは「カリオストロの城」だけだそうです。

(※初期テレビシリーズでは、空色のフィアット500が出てきた様子。)

私も知らなんだです…それだけ、この映画のカーチェイスシーンが印象的だ、ということでしょうか。

 

「フィアット500」の歴史

フィアット500(500は”チンクチェント”と読む)という車の生産がイタリアで始まったのは、1936年から。でもその時は、全く違うかたちのクルマでした。

 

fiat-500-801854_640-1

「ルパン」で出てきたカタチのフィアット500ができたのは、1957年のこと。

1977年に生産停止になるまで20年間、世界中で愛されるクルマに。なんと400万台も生産されることになったのです!!

生産終了から40年たっても愛されてるって…すごいクルマですね。

 

ところで。

今、街中でこんなクルマを見かけませんか?

これが、最新型のフィアット500です!2007年から販売されています。ルパン型の後継車なんですねー。

フィアット500の可愛らしさは、今も形を変えて受け継がれています。

 

クラリスの乗るクルマは「シトロエン2CV」

クラリスが乗っている、ピンクのあのクルマ。

レトロなあのたたずまいが、なんともキレイというかかわいいというか。

 

citroen-2cv-356582_640-1

このクルマは「シトロエン2CV」。フランスのメーカー、シトロエンから発売されていたクルマです。

 

クラリスが乗っているぐらいだから、高級車だと思ってた!ホントは「農民用バン」

この「シトロエン2CV」がフランスで発表されたのは、1948年のこと。

 

peasantry-515960_640-1

開発者がフランスの農村にバカンスに出かけた時、そこにいたのは手押し車や牛馬で荷物を運ぶ農民。彼らの役に立つクルマを作るぞ!と考えて、「シトロエン2CV」は開発されました。

そう、最初は「農家の仕事用バン」として開発されていたんです!

 

クルマの耐久性や、農作物が多く乗ることが優先された結果…このクルマは発売当時、「ブッサイクすぎるクルマ」としてひどい評価を受け、あざけられました。

しかしその性能がだんだん評価されていき、「シトロエン2CV」は有名車になっていきました。1990年に生産終了。

 

クラリスは言ってみれば「軽トラを乗りまわすお嬢様」のようなカンジだった…ということです。

おてんばというか、勝気というか。クラリスがよりたくましく見えますね。

 

ちなみに、「カリオストロの城」の製作はスタジオ・ジブリ。

あの宮崎駿監督の愛車が、この「シトロエン2CV」だったと言われています。2013年のドキュメンタリー番組で、いまだに愛車として可愛がっていた様子。

 

伯爵の手下は「ハンバー・スーパー・スナイプ」に乗っています

逃げ出すクラリスを追う、伯爵の手下。

彼らが乗っているのは、「ハンバー・スーパー・スナイプ」という車。

humber_super_snipe_4086cc_april_1949-1

(Wikipediaより引用)

 

イギリスで1938年から生産され、モデルチェンジを繰り返しながら1967年まで作られました。

重厚ですよね、あのボディ…!

 

【おまけ】銭型警部のパトカーは「日産 ブルーバード410型」

 

ドアに「ICPO」って書いてあるのは分かるけど、「埼玉県警」って!!!!アンタどっからこのパトカー乗って来てんの!!??

…な、銭型のとっつぁんのパトカー。1963~1967年生産の、日本のクルマです。

ファンの間では「銭ブル」型警部のブルーバード)と呼ばれ、親しまれています。

 

さいごに

「カリオストロの城」、これらのオシャレな車もまた印象に残る作品ですね!

いまだに、筆者はフィアット500に乗りたいと思っています。いつか叶うといいなあ…

スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)