イカメンチ(いがめんち)は青森・弘前でしか食べられないのか?通販でお取り寄せしたい!

スポンサーリンク

出典:弘前観光コンベンション協会

青森、特に弘前の郷土料理、イカメンチ。地元では「いがめんち」と呼ばれています。

そんなイカメンチ(いがめんち)、どんなものなのでしょうか?

また、青森以外でイカメンチ(いがめんち)を食べられるんでしょうか?通販・お取り寄せはあるのでしょうか?

 

イカメンチ(いがめんち)とは

igamenchi

出典:アルファトータルデザイン

いがめんちは終戦直後に津軽地方で誕生。

青森の八戸などは沿岸部で、イカなどの海鮮が豊富に手に入っていました。

でも、弘前は内陸部。イカは簡単には手に入らない、貴重な食料でした。

イカの身の部分は、刺身や煮物に重宝されました。

 

足(ゲソ)が余っちゃうけど、せっかくのイカだから捨てちゃうのはもったいない!

足は細かく切って、家にある野菜と小麦粉とで混ぜて、鉄板に油を多めにひいて焼き上げることにしました。

それが、「いがめんち」なのです。

おいしいイカを、余すところなく使う。そんな青森の人たちの知恵が作った食べ物です。

 

イカメンチ(いがめんち)、通販・お取り寄せはできる?

宅急便のダンボールに入った猫の画像

私も含め青森から離れて住んでいると、おいしいイカメンチ(いがめんち)はもう食べられないのでしょうか?

いいえ、通販がありました!お取り寄せできます!

 

イカメンチ(いがめんち)の楽天人気NO.1です。レビューも高評価で、調理もレンチンのみの手軽さ。

ただ、送料が高いのが難点です。みんなで大量買いして、ワリカンすればあまり気にならないかもしれませんが。

 

こちらは1キロ!!大量なことに加えて、送料は無料。

自分の家で揚げるタイプなので、さっきのよりはチョット面倒かも。

でも、なんせコスパは最高です。レビューの中には「カラシとポン酢で食べるのが好き」という方が…罪深い組み合わせ。

 

 

なんと!2キロ/3キロ/5キロまで登場しています!!大量!!

 

以前の「秘密のケンミンshow」で青森グルメとして紹介された「みそチャップ」。
イカメンチにかけて食べるといっそうおいしいと好評。

まとめ

  • イカメンチ(いがめんち)は弘前人の知恵が作り出したソウルフード
  • 通販・お取りよせができる!

記事中にチョコチョコとイカメンチ画像を忍ばせてしまいました。食べたくなってきました…

スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)