みおふぉんの速度や音質に不満ナシ!iijmioに乗り換えて半年。レビューしまぁす!【夫婦で年間12万円節約!】

スポンサーリンク

我が家は、わたしも妻もsoftbankユーザーでした。当時、お互いの携帯代は

  • わたし:7,000円
  • 妻:8000円

ほど。まあ、大体みんなこんな感じですよね。

 

しかし、わたしの身の回りでも格安simカードに乗り換える人が増えてきました。彼らと電話していて、「通話の音質が悪いなー」と感じることも特になく。

評判を聞いても、深刻な不具合を訴える人はいませんでした。

 

それで、思い切って格安simのIIJmio(みおふぉん)という会社に乗り換えてみたところ…携帯の使用料は、ひと月で

  • わたし:2,000円
  • 妻:3,000円

!!ガラケー時代かな?

2人とも、月5,000円は節約できるようになりました!!

 

つまり、ふたりで月に10,000円

年間なら、12万円も節約できることに…!!!

それでいて、なにかトンデモナイ不便を我慢しているわけでもありません。データ通信も通話も快適です。

 

かといって、誰でも今すぐ乗り換えできるか…っていうと、そうでもないですよね。

格安simへの切り替えをちょっと考えていても、こんな理由で二の足を踏むことってありがちかも。

  • 安いからには、なんかウラがあるんじゃ?
  • 今の端末が気に入ってるんだけど、使えなくなるよね?
  • 今解約すると、違約金をとられるから…
  • め ん ど く さ そ う

 

あの…

わたし、上のやつにぜーーーんぶ当てはまってたんです…

 

それでもイロイロ考えて変更した結果、今では満足してます!

もちろん、ちょっとは手間やデメリットがありますよ。でも、この程度なら全然ええやんけ!というものばかり。

上に書いたような理由でなんとなくソフトバンクを使っていたわたしが、IIJmio(みおふぉん)に切り替える前に感じた疑問と、その答えについてまとめます。

▼公式サイト

 

スポンサーリンク


IIJmio(みおふぉん)へのギモン1:安いからには、なんかウラがあるんじゃ…?

データ通信、通話音質

月額料金は安いけど、データ通信や通話の音質が悪いんじゃないか…?と思われるかもしれません。わたしも「安かろう悪かろうはイヤだな」と思っていました。

 

でも、半年使ってみた結果は全然ふつうです。

4G通信も以前のソフトバンクと同じぐらい速いし、通話も途切れたりしません

ちなみにド田舎住民です。田舎でも電波に異常ナシ!!

 

高速データ通信量の制限が極端に低い?

いや、わたしのプランでも3GBありますねえ。家にwifiがあるんで、制限を突破しちゃったことは一回もないです。外でYoutubeとか観まくると、すぐに使い切っちゃう危険が高くなりますが。

ちなみに、制限を突破したらペナルティ料金を取られる…なんてこともありませんからね。

 

気づかないうちに、オプションで料金を取られるとか…?

料金体系もめちゃくちゃシンプル

なんかヘンなオプションに加入させられて、気づいたら小金をずっとむしり取られてた…なんてことがありません。

iij1

基本的には、この料金表+通話料しか取られません。オプションとかほぼないんですよ。実際、わたしも妻もまったくオプションなし!!!!

わたしたち夫婦は、この1,600円のプランです。ここに通話料を足していくだけ

セキュリティや無料通話のオプションをつけることもできます。でも、つけるようにしつこく勧誘されたりすることはありません。

わたしも妻もオプション全くナシ!ですが、なにも不便を感じていません。

 

ちなみにこの「ミニマムスタートプラン」「ライトスタートプラン」「ファミリーシェアプラン」っていうのは、LTEの通信量の違いです。

わたしたちは3GBの「ミニマムスタートプラン」ですが、何の不便も感じていません。家にWifi飛んでるし、外でYoutubeとか観なければまず通信量をオーバーすることはありません。

 

音声通話料が高いんじゃないの?

通話料は、30秒で20円。でも、IIJが出してる無料のアプリ「みおダイヤル」を使えば30秒10円になります

ここでボッタクるのかと思ったけど違った!

 

格安SIMを出す会社、他にもあるよな?比べた結果

格安SIMを提供する業者、けっこう増えてきました。わたしたち夫婦も、Y!mobile楽天モバイルIIJmioの3社で悩みました。

 

でも、決め手はIIJ(みおふぉん)の明朗会計

2年たつと料金が上がるとか、オプションがどうだとか…そういう煩わしくてややこしいガンジガラメが一切なかったんです。

わたしが使っていたS●FTBANKがこの点でかなり悪名高かったので…ちょっとウンザリしてた感じです。

 

IIJ(みおふぉん)は、一般的に言うところの「2年縛り」もなし!

IIJ(みおふぉん)は、1年以内で解約すると違約金を取られてしまいます。でも、1年超えたらいつ解約しても違約金ナシです。

ややこしい「更新月」も一切ナシ!!!

 

IIJmio(みおふぉん)へのギモン2:今使ってる端末、使えないよね…?

(一部の)s●ftbank以外なら使えます!!!!!!!!!!!!!

 

IIJmioのsimカードを契約するとき、

iij2

タイプDにするか、タイプAにするかを選ぶようになっています。

あ、料金は全く変わりませんよ。これは「Docomoの電波を借りる通信」か「auの電波を借りる通信」か、の違いです。

IIJをはじめ、格安SIM会社はこんな風に「電波を借りて」運営しているんです。

 

 

基本的に、今使ってる携帯がドコモなら、タイプDを選びます。auならタイプA。

そうすると、今使ってる携帯がそのまま使えるんです!!

こちらに、利用可能端末の一覧があります。リンクを貼っておきますね。

動作確認端末一覧表はこちら!ーIIJmio公式ホームページ

 

もちろんsoftbankの方でも、ショップに持っていけばsimロックを解除してもらえる機種がありますね。それで解除してもらってもOK。そうすればどっちのsimを契約しても大丈夫。

 

ちなみにわたしはsoftbankのiPhone6を使ってたので、SIMロックが解除できず。機種を新しく買わなきゃいけなかったんですよ!!ぐぎぎ…!

イロイロ調べに調べて、新しく買ったのがZenfone2 laserという機種。もともとsimフリーなので、難しいこと考えなくていいです。

安さの割りには、サクサク処理していいですよ。iPhone大好きだったのでちょっとさびしいですが、これはこれで不便なく使えています。

 

IIJmio(みおふぉん)へのギモン3:今解約すると、違約金取られちゃうんだ…

あれ高いですよね…

わたしも1万円近く+iPhone機種代の残りがピューーーーン飛んでいきました。かなしかったなあ…

妻のは、ちょうど違約金が出ない月に掛かった+以前の機種代金は払い終わってた ので、違約金や機種代金を払わずにS●FTBANKから足を洗いました。

ほかにも、「事務手数料」なんてのも払います。

 

…んん?結局おいくら払えば足を洗えるんだ!?

というわけで、「Docomo」「au」「Softbank」からIIJmioに切り替える(MNPといいます)ためにはいくら払うの?というところを表にしてみましょう。

 

Docomo→IIJmio(みおふぉん)への切り替えをする場合にかかる費用

Docomoに払う IIJmioに払う
違約金 10,260円

(24ヶ月以上使用)

 ―
機種代金  (残ってる分)  (新しく買うなら、かかる)
事務手数料  2,160円  3,240円

(表は税込価格です)

要するに、

  • 違約金がかかる人→15,660円(税込)
  • 違約金がかからない人→5,400円(税込)

がかかることになります。

ここに、新しい機種の代金がかかってくるんですが…Docomoの方は今使っている機種が使いまわせるので、機種代金が新しく掛かる、ということは基本的にありません。

 

Docomoの違約金は、24ヶ月かからずに解約する場合には少しお高くなります。詳しくは公式ホームページで見てみてください。

 

au→IIJmio(みおふぉん)への切り替えをする場合にかかる費用

auに払う IIJmioに払う
違約金 10,260円  ―
機種代金  (残ってる分)  (新しく買うなら、かかる)
事務手数料 3,240円  3,240円

(表は税込価格です)

要するに、

  • 違約金がかかる人→16,740円(税込)
  • 違約金がかからない人→6,480円(税込)

がかかることになります。

ここに、新しい機種の代金がかかってくるんですが…auの方は今使っている機種が使いまわせます。ですので、機種代金が新しく掛かる、ということは基本的にありません。

 

Softbank→IIJmio(みおふぉん)への切り替えをする場合にかかる費用

auに払う IIJmioに払う
違約金 10,260円  ―
機種代金  (残ってる分)  (新しく買うなら、かかる)
事務手数料  3,240円

( 契約後翌々請求月末までのMNP転出については、5,000円)

 3,240円

(表は税込価格です)

要するに、

  • 違約金がかかる人→16,740円(税込)
  • 違約金がかからない人→6,480円(税込)

がかかることになります。

ここに、新しい機種の代金がかかってきます。

一部の新しい機種は、Softbankにsimロック解除を頼めばそのまま使えます。そうじゃないなら、新しい機種を購入しなければなりません。その代金が上乗せされます。

 

費用がかかっても、結局会社を変更してよかったのか?

わたしはsoftbankからの転出で、しかも違約金を払う必要がありました。つまり16,740円払ったということです。

しかも、機種代金が半年ぐらい残ってたんだよなあ…確かそれが20,000円ぐらい。よって37,000円は払ったことになります。痛かったぜ…

 

それでも携帯会社の変更に至ったのはやっぱり年間12万円の節約

そのときは40,000円近く払いましたが、私たちの場合だと8ヶ月たてばこの分は完全にチャラになります。あとはプラスに転じるだけ!

 

ちょっと面倒でも、腰を下ろして「今機種変更すれば、違約金の元は何ヶ月でとれるのか?」を一度考えてみることをおススメします。

そうすれば、毎月5,000円(ひとりあたり。家族がいればさらに倍にも!)の貯金があなたのもとに!!!

 

IIJmio(みおふぉん)へのギモン4:め ん ど い

わたしはネットですべての手続きを完結させました。ネットに慣れてる若い方なら、公式サイトにのっとって楽勝でMNPできるレベル。

もちろん、いろいろ読む手間はありますけどね。

 

でも、「調べるん、めんどい…」という方もおられますよね。そこで朗報。

IIJmioも、ケータイショップの方が手続きしてくださるんです!まかせっきりでOK!!楽できますよ!

 

iij3

AEONビックカメラといった、有名店舗で受付してくれるカウンターがあります。

 

iij4

ヤマダ電機JOSHINなどもあります。けっこうたくさん取り扱い店舗があるんですよ。

自分の地域に、本当にIIJのカウンターがあるの?っていうのは、IIJ公式ページで調べることができます。

 

まとめ

わたしの場合は、こんなに節約できていいのォ!?っていう感じでした。大満足!という感じでここまで来ました。

 

ただ、デメリットがないわけじゃありません。人によっては、「このデメリットはどうしても受け入れづらい!」という部分かもしれません。

たとえば、こんなもの。

  • 高速データ通信量が7GB→3GBになる
  • 「…@softbank.ne.jp」のような、携帯会社独自のメールアドレスがなくなる
  • ショップが少ないので、分からないことをすぐ聞きにいけない

 

ひとつ目のものは、プランによる…といったところでしょうか。わたしの場合は、家ではWifiなのでまったく問題になりませんでした。

 

「メールアドレスが使えない」に関しては、自分でGmailなどのメールアドレスを持っている、もしくはすぐ作れるなら何の問題もありません。

 

ただ、3つめの「ショップにすぐ聞きにいけない」というのは…これは、機械がニガテな方にとってかなり大きな壁になるところだと思います。

やっぱりsoftbannk、au、docomoは、料金が高くてもサービスが綿密だなあと感じます。ほとんどをショップ任せにしておられた方には、みおふぉんはあまりおススメできないのが正直な気持ちです。

とはいっても、そんな「オタクだけが使いこなせるマニアックなメーカー」というわけでもありません!わたしの妻もそこまで詳しくないですが、何の不便もなく使いこなせています!

 

あと、前述しましたが…IIJは契約内容がシンプルでわかりやすいことが、契約を決めた大きな要因になりました。

主要3社…特にs●ftbankでけっこう面倒なアレコレにウンザリしていたわたしたちにとって、これは大きかった!

他の格安SIM会社と比べても、IIJはスッキリシンプルな契約内容です。

 

インターネットで自己手続きするのは、けっこうカンタンです。Amazonでスターターパックを買えば、

なんと、MNP転入手数料3,240円420円になるという…!

わたしはこれに気づかず、公式サイトから満額の3,240円支払ってしまいました…orz

教訓を生かし、妻のを契約するときはコレを買いました。

 

公式サイトに、契約内容が分かりやすく載せられています。まずは一度ご覧になって、「いくらトクするんやろ?」と計算してみてください!

▼公式サイト
スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)