PositiveGrid JamupPlugを買いました!使い方もめっちゃカンタン!もう家庭用アンプとか要らない!!

スポンサーリンク

PositiveGrid社のJamup plugを買ったら、予想以上に良かったです!!

エレキギターの小型アンプなんかいっぱいありますが、

小型って言ったってデカいんですよ、結局。

あと、騒音問題ですね。

騒音を立てないためにエレキギター買ったんだよ!って言う方も多いのではないでしょうか。

 

その点、このJamup Plugは良かったですよ。しかもめちゃくちゃ安かったです。

学生の頃に使ってた、得体の知れないメーカーのアンプなんかよりよっぽど良かった!!笑

 

これから自宅用アンプを買おうとしている初心者諸氏、これはおすすめです。

持ち歩き可能な小型アンプをお探しの方も、これなら荷物が少なくて済みますよ!

この記事では、JamupPlugの使い方・使ってみた感想をレビューします。

 

Jamup Plug、こんなんです。

いわゆる、オーディオインターフェースですね。

こんなやつです。

1

めっちゃちっちゃいんですよ。

マウスと比べると、ほら。

mouse

持ち歩きに関しては全く文句なし。

 

 

1.早速接続を。

スイッチってどこ??―いいえ、ありません。

シールド用ジャックと、イヤホン用ジャックしかありません。

sashikomi

 

ここに、シールドとイヤホンを挿して

sashikonda

 

お手持ちのiOS端末に繋ぐだけ!!

sashikonda2

写真はiPhoneですが、私は普段iPadを使っています。

 

で、

guitar

ギターにいつもどおり接続するだけ。

接続まで、わずか1分。

細かな設定も必要なし。

コンセントも必要なし。

電池も必要なし。

超お手軽です!!

 

筆者はアンプ気分を味わいたいとき、

speaker

こうしてます。

こちらのパソコン用スピーカーですね。

これを、イヤホンジャックに差し込むだけ。

めっちゃ安い上に、低音があまり削がれなくておススメ。

 

2.アプリの設定をしましょう

接続しただけでは、まだ使えません。

アプリをダウンロードしましょう。

 

私が使っているのは、PositiveGrid社がリリースしている無料アプリ。

Jamupです。

⇒ここをクリックするとiTunes Storeページに飛びます。

 

ちなみに、このアプリ以外にも

アンプ系アプリ、いっぱいあります。

AmplitubeGaragebandが有名どころでしょうか。

こいつで問題なく使用できます。お好みでどうぞ。

 

このJamup、無料版では

AC

VOX風アンプ(ビートルズなんかで有名な)や

 

plexi

Marshall風アンプ(永遠の定番、ハイゲインもOK)

が使えますし、

 

OD

オーバードライブをかましたり

delay

ディレイをかけたり、

コーラスもかけられます。

 

私が特に嬉しいのは、ノイズゲート

NS

「サーーーー」というノイズをある程度消すことができます。

 

アプリに関してはここまで、全て無料ですから驚き。

もっと機能が欲しければ追加購入できますが、それは無料を使いこなしてからで十分でしょう。

 

ベースも使えますよ!!

ただ、ベースアンプはアプリ内で購入しなければなりません。

 

私はひとつ、Ampeg社風アンプを買いました。

asda

5~600円で買えるので、5000円ぐらい出して楽器屋でアンプを買うことを考えれば

十分すぎるコスパだと思います。

 

安くて手軽なのは分かったけど、品質はどうなの?

…という方には…

じゃ、じゃあ弾いてみますよ。

ミックスダウンの技術なんかはないので、この製品のありのままが出ます。

 

AC30モデリングを使ったときの音です。

ギターはもちろん、

 

ヤフオクで中古ギターを買ってみた-品質は?壊れてないのか?

こちらの5000円ギター。

 

どうですか、思ったより音が整ってるでしょ??

デジタル臭さもあまり感じません。

 

ちょっとゲインを上げるとこうなります。

マーシャル風アンプを使ってみました。もちろん無料。

 

こちらも、無料とは思えない音質です!

私が昔持ってた8000円ぐらいのマルチエフェクターより、

よっぽどバランスの取れた歪みですよ!笑

きめが細かいし、原音の潰れもそうそう気になるものではありません。

 

自宅の練習でここまでのものが使えるなら、十分じゃないでしょうか!!

 

PositiveGridのJamup Plugですよ、覚えましたか?

その商品はこちら…

と言いたかったのですが、筆者が持っていた激安品はもう販売していないようでして。

1980円だったんだけどなあ…

 

その代わり、

新製品として、グレードアップしたのが出ていました!

iOS端末のコントロール部に直接挿すタイプだそうで、

これならさらに音質向上していること間違いなし。

 

いや、そないお金出されへんよ…

という方は、こちらを。

iOSインターフェース界隈ではPositiveGrid社と雌雄を決する、

IK multimedia社の製品です。

 

ご近所を気にすることなく、

思いっきりギターを楽しんじゃって下さい!!!

スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)