KORG pitchclip(ピッチクリップ)PC-1が便利で安い!常に付けっぱなしで即チューニング!

スポンサーリンク

ギターやベースのチューナーは、演奏上必須のもの。

KORG社のpitchclip(ピッチクリップ)PC-1という商品がAmazonでよく売れています。なんと980円という!1000円かかりませんやんか!!

あざらざらし
でも、「安物買いの銭失い」はしたくないもんね。

わたしもギタリストですので、「KORG pitchgrip」の便利な点や信頼できるのかどうか…ということを、ギタリスト視点でまとめたいと思います。

 

スポンサーリンク


KORG pitchgripで周りの雑音を気にせずチューニング!

スタジオでリハーサルに入ったときに、マイク式のチューナーでチューニングするのはけっこう苦労するんですよね。

ペソギソ
みんなの出す音にかき消されて、なかなかギターの音が拾えないんだよな。

かといって、シールドでつなぐタイプのチューナーもめんどくさい。いちいちシールドを抜いて、チューニングして…ってやってるといつまでたっても練習できません。

 

その点、このKORG pitchgripは安心。クリップチューナーなので、ヘッドにくっつけた振動だけでチューニングできます。

あざらざらし
まわりが雑音だらけでもヘッチャラです!しかも手軽!

 

KORG pitchgripなら、ライブの暗転中もこっそりチューニング!

このチューナーのいいところは、ギターのヘッド裏にコッソリくっつけられるところ。目立たないんです。

さらに、表示はLED。暗闇でもはっきり見えます。でも、ギターヘッドの裏に隠れているのでお客さんからは見えません。

(KORG公式youtubeより引用)

こんな感じ!完全に隠れてますよね。

画面の角度も調整できるので、自分の見やすいようにすることもできます。

ペソギソ
ボーカルがMCを始めたら、そのスキにササッとチューニング!

安心のKORGブランド

安いだけのクリップチューナーならどこにでもあるんですよね。私も、地元のハー●オフでそんなのをよく見かけます(笑)

でも、KORGというブランド力だけで安心感ありますね。数々のプロアーティストをサポートしているメーカーです。

わたしも以前KORG製品を使っていましたが、大きな欠陥や安っぽさもなく使えていましたよ。

スポンサーリンク

 

KORG pitchgripを実際に使ってみた人のレビュー

造りはプラスチック感が強く、値段相応かなと感じました。ただ電源ボタンが一つとシンプルな造りで、無駄な機能がなく、チューナーとしては使い勝手がよく、オススメです。
性能も3000円位のチューナーと比べてみましたが、問題なく使えます

 

非常によろしい。
ギター・ベース、ウクレレ等A=440Hzが基準の楽器に絞った作りというのが、操作性に生かされている。
操作がシンプル。モード切替も周波数の切り替えもない。
ヘルツ表示のないし、弦の番号も出ない。
レギューラーチューニングのみ。
しかしその代わりに誤操作もなく、チューニングに専念できる。
余計なモードや機能がない分非常に使いやすく実用的。
おまけに低価格。
表示がオレンジ色なのは暗所での視認性と秘匿性を考えると非常に理にかなったもので、ライブでの使い勝手は非常に良いと思う。
形状は現在市販されているプリップチューナーの中では大分薄い部類(最薄はPlanet Wavesのマイクロチューナー)なので嵩張らず使いやすい。
ピックアップの精度に感しては、非常にレスポンスはいい
ギターとウクレレに関しては問題はないが、ベースは3・4弦は特に倍音を拾ってしまうこともあるのでベース用途は店頭で試してみたほうがいいと思う。
あざらざらし
性能・操作性・取り回しのよさ ともに問題ナシ!といったところですね!
スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)