レゴランド名古屋の入場料が高い?年間パスポートの料金は?場所はどこ?【2017開園】

スポンサーリンク

レゴランド名古屋(レゴランド・ジャパン)が、2017年4月1日にオープンします!!

これが、日本では初の「レゴランド」。しかし、レゴランド名古屋の入場料が高い!強気だ…!と話題にもなっているようです。

年間パスポートも、1日パスポートもあるようですが…一体いくらなんでしょうか??

 

そして、レゴランド名古屋の場所はどこなんでしょうか?アクセスはいいのでしょうか?

 

今回は、

  • レゴランド名古屋の入場料(1DAY・年間パス)はいくら?
  • レゴランド名古屋の場所・アクセスは?
  • レゴランド名古屋はどんな場所になる?

…の3点をお伝えしたいと思います。

 

スポンサーリンク


レゴランド名古屋の入場料、いくら?

Awesome Awaits!!! #ワクワクがはじまるよ #LEGOLANDJAPAN #LEGOLANDJP#LEGOLAND#レゴランド#awesomeawaits

LEGOLAND®️ Japan Officialさん(@legolandjapan)が投稿した写真 –

1DAYパスポートの料金

レゴランド名古屋の1DAYパスポートの料金は、すでに公式発表されています。

  • こども(3~12歳):¥5,300
  • おとな(13歳以上):¥6,900

つ、強気だ…!

 

ちなみに、

東京ディズニーランド

  • 大人パスポート:¥7400
  • 子供パスポート:¥4800

 

USJ

  • 大人パスポート:¥7400
  • 子供パスポート:¥4980

レゴランド名古屋、ちょっと子供料金が高い気がします…

※3歳以下の料金は未発表です。

 

レゴランド名古屋、年間パスポートの料金は?

レゴランド名古屋の年間パスポートの料金が公開されており、実際に購入もスタートしています!

お値段は、以下のとおり。

  • こども(3~12歳):¥13,300(税込)
  • おとな(13歳~):¥17,300(税込)

なるほど…1年で3回以上行ったら、元が取れる計算ですね。

今購入すると、3/25~27日のどこか1日「プレビューデー」に招待される特典がついています!これはおトク!

年間パスポートの年齢ですが、2017年4月1日時点での年齢が適用されます。

 

年間パスポートの購入は

  • レゴランド公式ホームページ
  • セブンイレブン店頭のコピー機
  • セブンチケットウェブサイト

のいずれかでできます。

チケット販売をしている、公式サイトのリンクを貼っておきますね。

 

~以前はこんな限定パスポートもありました~

特典つきの年間パスポートが発売されていました。

その特別な年パスの名前は「1ST TO PLAY」

料金はこちら!

  • こども(3~12歳):¥13,300(税込)
  • おとな(13歳~):¥17,300(税込)

 

で、「1ST TO PLAY」だけの購入特典がめちゃんこたくさんあります!

  • オープン前のプレビューデー(2017年3月18~21日)に招待
  • 1年のうち、いつでも好きな日に入場できる(休園日、特別営業日/特別営業時間を除く)
  •  スペシャルメンバーズカードと、限定レゴブロックをプレゼント
  • レゴランド名古屋内の、全レストランの食事・飲み物が10%オフ
  • 年間パスポートを持っている人限定の、シーズナルイベントに招待される
  • 年間パスポートを持っている人の中から、抽選でVIPプログラム体験に招待される(詳細は後日発表)

「レゴ大好き!絶対に1年で3回以上行く!特別なイベントも全部行きたい!」という方は、年間パスポートもいいんじゃないでしょうか。

 

ちなみに、「1ST TO PLAY」は数量限定(数量は非公開)。買われる方は急ぎましょう!

「1ST TO PLAY」、現在は売り切れています。

 

…レゴランドの入場料、けっこう高いんですよね…!

問題は、「そんだけお金払ってでも、十分楽しいとこなのか?」というところですよね。この後の部分では、そんなレゴランドが一体どんなところなのか?をまとめていきたいと思います!

 

スポンサーリンク


 

 

レゴランド名古屋の場所・アクセスは?

レゴランド名古屋はココだあああ!!

住所:名古屋市港区金城ふ頭二丁目2番地

 

いろんな催しが行なわれる大展示場・「ポートメッセ名古屋」の駐車場部分に建設される予定となっています。

 

名古屋周辺からすると、位置はこんな感じ。

レゴランド名古屋の地図

ちょっと外れのほうかな?

ココまで行くためのアクセスはどんな感じでしょうか?

 

レゴランド名古屋へのアクセス

高速道路のICも、電車の駅も近所にあります。アクセスとしてはなかなかいい感じ?

名古屋駅からの交通手段をまとめます。

  • 電車「あおなみ線」で38分→徒歩で14分(運賃:350円)
  • クルマ:名古屋高速経由で31分、下道でも39分

(googleマップ検索による)

 

電車なら乗り換えもなくてスムーズなんですが、徒歩が15分か…

レゴランド直通のリムジンバスとかが出来たらいいのになあ。そのへんは何も情報がないので、期待するしかないですが。

また、この電車「あおなみ線」は本数が少ないようで。

 

そうなると、クルマで来場するのがおススメといえるでしょう。

レゴランドの完成に合わせて、近所に5000台停められる駐車場が建設される予定!という情報があります。

そうなると、歩く距離はぐっと短くなります。

 

「レゴランド」って、いったい何よ?世界のレゴランドは?

レゴブロックを作る、LEGO社が作ったテーマパーク。それが「レゴランド」。LEGO本社はデンマークにあります。

「レゴランド」は、世界に現在(2017年2月)7箇所あります。

  • レゴランド・ビルン・リゾート(デンマーク)
  • レゴランド・ウィンザー・リゾート(イギリス)
  • レゴランド・カリフォルニア・リゾート(アメリカ)
  • レゴランド・ドイツ・リゾート(ドイツ)
  • レゴランド・フロリダ・リゾート(アメリカ)
  • レゴランド・マレーシア・リゾート(マレーシア)
  • レゴランド・ドバイ・リゾート(アラブ首長国連合)

 

そうそうたる国ですね…!

レゴランド・ジャパンはこれらに次ぐ、世界8カ国目のレゴランドになります!

 

ちなみに

  • レゴランド・コリア・リゾート(韓国)
  • レゴランド・シャンハイ・リゾート(中国)

も開設予定になっています!レゴウェーブが、アジアに拡大してくる模様。

 

「レゴランド」って、東京や大阪になかったっけ?

「レゴランド・ディスカバリー・センター」という名前で、東京と大阪にもテーマパークがあります。

レゴの4Dシアターや、大阪/東京の各都市をレゴで再現したジオラマを見ることができます。

 

上のツイートは、「レゴランド・ディスカバリー・センター東京」の公式twitter。レゴで作られた東京駅がなんともリアル!

 

 

しかし、それら「ディスカバリー・センター」は屋内施設

今回のレゴランド名古屋は屋外テーマパークで、規模が全く違います!

レゴランド名古屋は2回に分けて出来上がるんですが、

  • 1期:9.3ヘクタール
  • 2期:3.5ヘクタール(2021年公開予定)

という大きさです。あわせて13ヘクタール。

 

東京の施設が0.33ヘクタールだということを考えれば…40倍近くの大きさですよ!!

東京ドームが4.7ヘクタールらしいので、レゴランドは東京ドーム2個分(のちに3個分)になる、と。

 

ちなみに、

  • 東京ディズニーランド:51ヘクタール
  • USJ:39ヘクタール

なので、レゴランド名古屋はこの2つと比べるとそう大きくはないですね。

 

また、世界のほかのレゴランドと比べると「レゴランド名古屋」は最小。まあ、そりゃ海外は規模が違いますよね…

 

レゴランド名古屋ってどんなところになるの?

レゴランド名古屋のパークマップが、すでに公式配布されています!


JR名古屋タカシマヤで、現物を配布しているそうです。近隣の方は是非!

 

また、レゴランド名古屋の完成予想ジオラマが展示されています!

こちらも、JR名古屋タカシマヤで展示。(2016/8/9まで)

これはワクワク不可避…!きっとめちゃくちゃ楽しいテーマパークになるはず!

西にUSJ、東にディズニー…と来て、中部にレゴランド…となるか!?

 

しかし、どんなアトラクションがあるんでしょう?次にまとめます。

 

レゴランド名古屋のアトラクション、どんな感じ?

パークガイドによると、パーク内はは7セクションに分かれています。そのなかに、いろんなアトラクションが用意されています。

  • レゴファクトリー
  • ブリックトピア
  • アドベンチャー
  • ナイト・キングダム
  • レゴシティ
  • パイレーツ・ショア
  • ミニランド

それぞれ、詳しく見ていきましょう!

 

レゴファクトリー

このエリアの目玉は、「レゴ・ファクトリー・ツアー」。名前のとおり、レゴ工場見学が体験できます!

レゴがどうやって作られているのかを実際に見学できて、子供たちはワクワクです!

見学後には、できたてホヤホヤのレゴブロックをもらえます!

 

ブリックトピア

世界のレゴランドのなかでも、初めての登場になるのがこの「ブリックトピア」。レゴブロックを使って想像力を発揮させる場所…になるんだそうです。

「ビルド・アンド・テスト」というアトラクションでは、自分で実際にレゴの車を作ってレースをしたり、なんと魚を作って泳がせたりできます!

また、自分だけのレゴ作品を作ってキーチェーンにできる「ピック・ア・ブリック」というアトラクションも。これはいい記念になりますねえ!

 

アドベンチャー

文字通り、レゴで世界を大冒険!

「サブマリン・アドベンチャー」では、レゴダイバーになって潜水艦に乗り込み、海底の古代遺跡を探検できます!

「スクイッド・サーファー」という水しぶきザバザバのアトラクションや、古代の遺跡を探検する「ロスト・キングダム・アドベンチャー」といったアトラクションがあります。

自分が冒険の主人公になって、思いっきり楽しめること間違いなし!

 

ナイト・キングダム

中世の騎士(ナイト)になりきって冒険できるエリア。

スリル満点のジェットコースター「ザ・ドラゴン」は間違いなくレゴランドの目玉!

小さいお子さんは、小さいコースター「ドラゴン・アプレンティス」に乗ることができます。

「キング・マーケット」では、お城の形のカッコいいショップでファンタジーなレゴグッズを購入できます。

 

レゴ・シティ

ここでは、レゴの街のいろいろな仕事を体験したり、乗り物を自分で操縦したりできますよ!

レゴでできた車に乗って、本当の街そっくりの場所を運転する「ドライビング・スクール」LEGORANDドライバーズライセンスがもらえるので、記念にピッタリ!

「レスキュー・アカデミー」では、みんなで力を合わせて放水し、燃えるビルを消火できます。

 

パイレーツ・ショア

パイレーツ…つまり、「海賊」。海賊になりきって、海の上で大冒険ができるエリアです。

水が出る大砲がついた船に乗り込む「スプラッシュ・バトル」や、グングン揺れる船「アンカー・アウェイ!」などでスリル満点です。

 

ミニランド

ここは、実際の日本の町並みをレゴで再現したジオラマ。東京・大阪・名古屋のリアルな町並みが再現されています。

東京タワーや名古屋城といった名物スポットが、一日にして観光できちゃうかも!

ちなみに、ここで使われているレゴブロックの数は10,496,352個。もうなんだかよくわかんねえな…という、すごい数。

 

まだまだ情報は準備中…といった感じのようですが。

これからどんどんワクワク情報が出てくるもよう。アトラクションの完成が楽しみですね!

 

「レゴランドホテル」もオープン!いつから泊まれるのか?

さらに!レゴランドに隣接して「レゴランドホテル」も建設されます。

こちらは海外のレゴランドホテルの様子。宿泊もレゴの世界で…子供たちにはたまりません!

海外のレゴランドホテルでは、部屋の中に宝が隠されていて、宝探しができるようになっていたり…子供たちのワクワクが止まらない工夫がされています!

(こちらの方が泊まられたのは、マレーシアのレゴランドホテル)

 

名古屋のレゴランドホテルは、2018年オープン予定…という情報が出ています。泊まれるのは、まだもうちょっと先ですね。

もちろん、予約もまだ先のようすです。

 

レゴランドの周辺もワクワクスポットに!

大型商業施設「Maker’s Pier」ができるぞ!買い物も楽しめる!!


レゴランド名古屋の地図だけ見るとヘンピな場所に見えますが…ご安心あれ。

レゴランドに隣接するかたちで、「Maker’s Pier」(メイカーズピア)という複合商業施設が出来上がる予定なのです!!

レゴランド名古屋の開園にあわせ、2017年3月に開業予定。

 

40~50の商業施設が立ち並び、中には「自分でクッキーを焼いて味わえる施設が入る」…なんていう情報も出ています。

つまり!この金城ふ頭に来れば、丸1日遊びつくせるというわけ。

 

スポンサーリンク


 

 

レゴランド名古屋のまとめ

料金

1DAY

  • こども(3~12歳):¥5,300
  • おとな(13歳以上):¥6,900

年間パスポート(1ST TO PLAY)

  • こども(3~12歳):¥13,300
  • おとな(13歳~):¥17,300

 

場所

住所:名古屋市港区金城ふ頭二丁目2番地
名古屋市内から3~40分

子供さんはもちろん、小さいころレゴで遊んだお父さんお母さんたちも楽しめること間違いなし!

今から楽しみです!

 

レゴランド名古屋でバイト!
スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)