メタノールとアルコールって、どう違うの!?毒性は?僕らも普段メタノール摂取してるってマジ!?【ロシアで49人死亡】

スポンサーリンク

ロシアの悲しいニュースが飛び込んできました。

入浴剤飲み49人死亡、ロシア都市が非常事態宣言

ーYahoo!ニュース

このニュースによると、酒の代わりに…と安価なメタノール入りの入浴剤を飲んだことで、49人が死亡したということ。

問題の背景には、酒を買えない貧しい人たちがどうしても呑みたくて…ということがあるようです。

 

この「メタノール」、ホントにそんな毒性の強いもんなんでしょうか?アルコールの代用で呑まれているようなもんなら、そこまで違いはないのか!?

そして、この問題は日本人も例外ではありません…致死量ではありませんが、ふだんメタノールは私たちの身近にもあるんです!

 

この記事では、

  • メタノールとアルコール、決定的ないは?
  • メタノールの毒性はそんなにヤバいのか?
  • 普段から日本人もメタノール摂取してるってマジ!?

の3点をお伝えします。

スポンサーリンク


メタノールとアルコールの違いは?

メタノールとアルコール(化学の世界ではエタノールと呼ばれる)、化学式は似ています。

(Wikipediaより引用)

これが問題の、メタノールの化学式。

 

(Wikipediaより引用)

これが、普段から口にするアルコール…つまりエタノールの化学式。

 

…うーん、なんか「似てる!」ってことは分かりますがサッパリですよね。実は、超文系のわたしもサッパリ分かっていません。

 

じゃあ、似てるこの二つ…メタノールとアルコールの違いを表にしてみましょう。

 

メタノール アルコール(エタノール)
毒性 神経毒。失明や死に至る 肝臓で処理できる
用途 燃料、接着剤など お酒、消毒用
購入場所 劇物」。資格がないと買えない ホームセンターなど
原料 天然ガス・LPGなど デンプン・エチレンなど

ご覧の通りです。1字違いで大違い…

メタノールは「神経毒」なんですね。ですから、口にすると失明に至ります。もちろん、ロシアの件のように死者が出ることもあります。

 

用途を見てもすぐ分かります。あのアルコールランプの燃料も、メタノール。口にしちゃアカンですよね、そりゃ。

 

メタノールの毒性の強さはいかほど!?

 

メタノールの致死量は、30~100ccほどと言われています。30ccって言ったら大さじ2杯ですよ。なかなか毒性が強いですね…

しかも。8ccも飲めば失明すると言われています。こちらは小さじ1杯ちょっとぐらい。恐ろしい。

 

メタノールを摂取すると、身体の中でどうなっちゃうの…?

メタノールが身体に取り込まれると、分解されてホルムアルデヒドという物質になります。

それが、さらに分解されて「ギ酸」という物質になります。この「ギ酸」は身体で分解できることはできるんですが、分解に時間が掛かるんです。

それで、分解できずに残った「ギ酸」が、人体に大きな害を及ぼしていくんです。

 

「ギ酸」は漢字で「蟻酸」

野生の蟻(あり)が、敵に攻撃するために吹きかけたり刺したりするときに出してくる物質だそうです。そりゃ人体に取り入れちゃダメだわ。ガッツリ毒やん。

 

ええ…「メタノール」は身近にあった!?

この「メタノール」、そのものは簡単に手に入るものじゃありません。

でもね…普段からあなたも、メタノールを摂取してるんですよ!!

 

それは、ワインやウイスキー、ブランデー

製造過程で果物を分解することで、メタノールが生成されてしまうそうです。こればっかりは仕方ないそう。

でも、ご安心ください。

  • ブランデーなら一気に2ℓ
  • ワインなら一気に100本

とか飲まない限り、分解できる限界を超えることはありません!

 

でも、これらのお酒は二日酔いがキツイ…ということはありませんか?

ビールなんかと比べてワインやウイスキーといったお酒がキツい二日酔いになるのは、この「メタノール」のせいなんです。

この「メタノール」、普通のアルコールと比べると体外へ排出されるのが10倍ぐらい遅くなってしまうんだそうです。それで長いこと二日酔いに苦しむんですね。

 

あなたがつらい二日酔いに苦しんでこられたなら…ワインや、ウイスキーなどの蒸留酒系を少し控えてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)