【楽園】マレーシア観光ならパヤ島!VELTRA社のシュノーケリングツアーで行ってみた感想

スポンサーリンク

先日、マレーシア旅行に行ってまいりました。

保安検査場でカバンを置き去りにするというトラブルも乗り越え、

飛行機に持ち込む荷物を保安検査場に忘れたまま、出国審査してしまった…!!さあどうする??

なんとかマレーシアのペナン島にたどり着きました。

 

このペナン島周辺はリゾート地で、いつか海に行きたいなあ…と思っておりました。

そんな時、ペナンから近いパヤ島の海が最高だ!という話を知人から聞きました。

その方はシュノーケリングのツアーに参加したらしく、それがとても良かったとのこと。

なにそれ行きたい状態になった私たちも、ツアーに申し込んでパヤ島へ行くことにしました。

ツアー会社の感想も含め、パヤ島の楽園っぷりをお伝えしたいと思います。

 

事前にシュノーケリングツアーを申し込む

私が今回利用したツアーはこちら。

veltrahp

出典:VELTRAホームページ

 

VELTRA社のツアーです。

そんな会社聞いたことなかったので不安でしたが、調べてみると日本も含めて世界各国のツアーを催行しているとのこと。

信頼性は問題ないです。

ていうか、トラベルを逆に書いてVELTRAて。業界用語かよ!!深く意味を考えちまったじゃないか!!損したアア!!
penang1st

そのサイト内のペナン島ツアー売り上げ第一位!!

な、パヤ島シュノーケリングツアーに申し込みました。

 

お値段はこちら。

onedan
英語ガイドなら352RM(10,000円ぐらい)日本語ガイドなら635RM(20,000円ぐらい)

 

え…!?日本語のあるなしで、1万円も違うのか…!?

できるなら安いほうがいいですが、でも英語だけとなると不安もあります。

 

そこで、VELTRAのサイトに投稿されている口コミをチェックしました。

kuchikomi

これですね。

 

こんな感じでした。

スタッフがとにかくフレンドリーで親切でした。
日本語ガイドなしで申し込みましたが、現地には常駐ではないと思いますが日本語を話すスタッフもいて、あれこれ日本語で教えてくれました

 

全く英語が話せないのですが、スタッフの方がいろいろ気にかけてくださいました。英語が話せなくても心配ないです

 

シュノーケルはとても楽しく、現地のスタッフも簡単な日本語を話してくださるので、日本語ガイド無しでも十分だと思いました。

 

日本語ガイドをつけなかったので不安でしたが、
英語と日本語をものすごく喋ってくれる現地のガイドさんもいたし、
とても安心して楽しめました。

よ…よし、英語でもいける!!いけるんだな…!?

私は英語のみツアーをクリックし、守銭奴としての意地を見せつつ1万円を守り抜きました。

 

omukae

そして、このツアーは宿泊しているホテルまで送り迎えしてくれます。

申込時に、宿泊しているホテルを記入する欄がありますので記入しましょう。

 

申込後も、メールで必要事項を余すところなく教えてくれます。

kigakiku

準備するべきものや、こういうものもあるといいよーという物まで丁寧に教えてくれます。

親切な会社で安心しました。

 

よくよく見てみると、

jtb

JTBが催行しているとのこと。

これは安心です。

 

そして当日朝

朝7:30に来てくれるとのことで、ロビーで待っていました。

するとホテルの前に会社名が書いてある旧型ハイエースが停まり、爽やかイケメンのマレー人お兄さんが降りてきました。

「○○(私の本名)サーン??」

と呼びに来てくれて、車に乗せてくれました。

終始笑顔で接してくれます。

 

車内はこんな感じ。

hiace

10人乗りハイエースでした。

 

途中で他の参加者をホテルで拾い、全部で20分ぐらい走ったところで、船着場に着きました。

ここから、フェリーに乗ってパヤ島に向かいます。

ferry

フェリーの搭乗手続きも全部、さっきのイケメンお兄さんがエスコートしてくれるので安心です。

funenori

筆者たちは半袖短パンですが、船の中は鬼の寒さです。冷房の鬼です。

寒さに強いとかそういうのは効かないぐらい鬼なので、絶対に上着を持っていってくださいね!!!

私は持っていってなくて後悔しました…

 

ferrinorumae

こんなフェリーです。wktk。

 

パヤ島、着いてみたらこんなとこだった

2時間近く極寒のフェリーに揺られ、降り立ったのはこんなところ。

ukishima

実はここ、パヤ島から50メートルぐらい離れたところにある浮島なんです。

ここが拠点になります。

しかし暖かい…冷房で冷え切った体にありがたい。

 

着いてすぐに、おじさんインストラクターがいろいろ英語で説明してくれます。

中華系の参加者が多いからか、英語もゆーっくり喋ってくれます

結構訛った英語で分かりにくいですが、とりあえず

  • 3:00にはstopするんだ!
  • 昼飯の茶は無料だが、水やジュースはカウンターでbuyするんだ!
  • finはno!
  • lifejacketをあそこから取って着るんだ!
  • ブイの外に出るのはnoだ!ブイの内側で泳いでくれ!

ぐらいがわかったので、まあよしとしよう。

他の参加者も10人ぐらい居たし(日本人はゼロ)、彼らの動向を見ながら「これでいいんだよなあ?」と言いつつ準備をしていきました。

うん、全然いけます。マレーシアは自由な国です、ゆるーくいっても全然誰も気にしません。

このツアー自体、「道具は貸すよ!後はご自由に!」みたいなツアーなので、ホントにご自由にしちゃって全然大丈夫です。

あと、現地ガイドのお兄さんおじさんたち、めっちゃやさしいです。なんか間違ってたら優しく教えてくれるので大丈夫。

 

その後、途中で中国人団体客が30人ぐらい、別のフェリーでやってきました。

めっちゃ賑やかになりました。これぞリゾートな感じ。

 

esayariroujin

中国人おじちゃんが魚にパンをやりまくっています。群がる魚。

(現在は餌付け禁止になっています。真似しちゃダメですよ!)

…しかし、一人一斤ぐらいパン持ってきてる中国人がいっぱいでした。あかんっちゅうのに。

sakanauoo

でも、パンに群がる魚の群れは圧巻です。

 

あとは、雄大な海の写真をひたすらどうぞ。

mecchahiki

浮島から見たパヤ島。あの砂浜まで泳いでみましたが、景色も魚も最高でした!

午後からは船でこっち岸に連れて行ってくれるので、その時でもいいかも。

 

PC110163

ご飯はバイキングです…が、期待はなさらぬよう。

兄男と嫁子と私、「うまい」とも「まずい」とも言わず無言で食べましたともHAHAHAHA

兄男いわく「一番イケたのはフライドポテト」

私も激しく同意。

ただ、それをも帳消しにしてプラスに転じさせるほど、海が綺麗すぎる。

 

ashimotosakana

浮島から海に降りる階段。もう魚がいっぱい来ています!!

人が近づいても全然逃げません。

 

oyoguhitoirunekekkou

結構参加者が増えだしたときの写真かな。

しかしまあ、なんせ海が綺麗。

 

hikiumi

パヤ島の中には、観光街も何にもありません。

喧騒なく、ゆっくり海を楽しめます。

 

ukishimashita2 ukishimahita1

浮島の底部はガラス張りになっていて、海内を見ることができます。

魚やダイビングしてる人が見えます。

 

kaerinohiki

お昼になって太陽が上がってきても、やっぱり綺麗な海と島。

 

kawaiiiiiii

帰りのフェリーでめっちゃこっち見てきた女の子。超かわええ。

 

…いやあ、本当に綺麗でした!!!!

楽しかった!!foooooooooooooooo

心地よい疲れと共に、帰りのフェリーに乗りました。

 

フェリーが2つ来ていたのですが、間違えそうになり

「ソレチガウ!ベツノフネ!ボクトイッショ(の船で帰るんだぜ)!」

とおじちゃんスタッフが教えてくれたのは内緒。めっちゃ笑顔でした。やさしい。

 

パヤ島からの帰り

帰りはラガーマン風マレー人お兄さんが送ってくれました。

ボクのトモダチ、茨城ニ住ンデルんだよ的なことを言っていました。とってもフレンドリーで優しいお兄さんです。

時間通り18時にホテルに着きました。いやーーーー良かったですねえ!!!

充実感のあるシュノーケリングツアーでした!!

 

パヤ島シュノーケリングツアーまとめ

このVELTRA社、準備物リストやスタッフさんの応対、口コミの閲覧、メールでの連絡なんかを含めて、ものすごく日本人向けだなあと思いました。「かゆいところに手が届く」的な。

おかげで気持ちよくシュノーケリングが楽しめました!パヤ島行ってみてよかったです!!!

VELTRAのリンクです。良い旅を楽しまれることを願っております!
VELTRAホームページ

スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)