スプレー缶の捨て方は?未使用や使用中でも穴あけしなきゃいけないの?手を汚さずできる方法は?

スポンサーリンク

スプレー缶、我が家にもたくさんあります。特に塗料が多いです。

でも、結局全部使うことってあまりないんですよね。一度色を塗ったりしたら、その後用がなくなっちゃって、でも捨てられずに奥のほうに眠ってしまう…という感じです。

未使用のまま、結局何年も眠っている…なんてこともありがち。

 

そんなスプレー缶、いざ大掃除なんかで捨てるときはどんな捨て方をすればいいんでしょうか?

中身が残ってても穴あけしないといけないんでしょうか?そんなことしたら中身が飛び散ってしまいそうですが…

 

スプレー缶の中身は絶対に空にしないとダメ!ただし穴あけはちょっと待った!

まず、これが鉄則です。例外はありません!

 

理由は、ガスが原因の爆発です。

こちらの動画をご覧ください。


スプレー缶のガスがもとで、こんな爆発が起こってしまうのです…

一瞬で大爆発ですね…

このガスのせいで、少しの火種だけでも大きな火災の原因になってしまいます。

 

実際、中身が残ったスプレー缶のせいで事故も発生しています。

minoo

参考大阪府箕面市ホームページ

 

ですから、中身が残っていても面倒がらず、ガスもろとも中身を捨ててしまう必要があります。

 

でも、ちょっと待った!!!

ここで早まってスプレー缶の穴を開けてはいけません!

中身が吹き出てしまい、有害なガスなどが勢いよく顔にかかる恐れがあります。

 

ですので、まずは残った中身を出し切ってしまいましょう。

簡単で手も汚れにくい方法があるんです。

スプレー缶の中身をカンタンに出し切る方法

用意するものは

  • スーパーのレジ袋(ゴミ袋でもよい)
  • 新聞紙・ボロ布など(吸水性の良いもの)

この2つだけです。

方法はカンタン。

1 袋に新聞紙を丸めて入れる。

ガチガチに握ってしまわず、ふわっと丸めて入れましょう。

 

2 袋のなかにスプレーを噴射する

中の新聞紙に、塗料を吸い込ませてしまいましょう。

「シュー」という音が消えるまで出し切ってしまいます。

 

3 燃えるゴミとして出す

袋をしばって、中の塗料が垂れないようにしましょう。

これでおしまいです。カンタンです!

 

ただ、絶対に守らないといけない点があります。

  • 必ず換気の良い場所でやりましょう!!
  • 火気厳禁!!火の気のないことを確認して!!

これは絶対に守りましょう。

ガス中毒や火災は絶対に避けなければいけません!!

 

チョット注意しておきたい点も。

あまり遠くから噴射すると外に漏れちゃいますが、近くから勢いよく噴射してしまうと逆に跳ね返ってしまいます。

外に漏れないかを確認しながらやりましょう。

 

また、吹き付けた袋もやはりガスの臭いはあります。

スプレー缶処理は燃えるゴミの日の前日などにしておいて、あまりこの袋を家の中に持ち込まないようにしましょう。

 

どうでしょう、結構カンタンでしょ?

あとは、残ったスプレー缶の処理方法です。

 

中身を出し切ったスプレー缶はどうする?むやみな穴あけは危険な場合も

スプレー缶の空き缶の写真

これは、各自治体によります。

指定された方法や分別法に従いましょう。

 

スプレー缶の穴あけはどうしましょう

これまで穴あけは絶対必要なものとして認知されていたように思いますが、最近はしなくていいという自治体も増えてきました。

スプレー缶の穴あけによる火災事故や爆発事故が発生してきたためです。

これも、自治体のルールを確認しましょう。

 

穴あけをする場合は、穴あけ機がいいですね。

以前私はこういうタイプ(上から押すと針が出て、穴が開く)の穴あけ機を買って試したことがあります。

しかし、固いスプレー缶はびくともしませんでした

 

ですので、

こういった缶を挟むタイプがおススメ。

あまり力がなくても、すぐに穴あけができます。

 

スプレー缶の処理法まとめ

  • 中身は絶対に出し切ることが必要!残ったままだと爆発の危険!
  • ビニール袋と新聞紙さえあれば、カンタンに中身が処理できる
  • 使い切ったあと、穴あけが必要かどうかは自治体による
  • 穴あけするなら穴あけ機

国民生活センターの調べによると、スプレー缶の処理を誤った事故も多く発生しているようです。

ぜひ安全・安心の処理をしましょう!

スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)