とと姉ちゃんの舞台、浜松のある遠州(えんしゅう)地方ってどこ?地図付で解説

スポンサーリンク

「とと姉ちゃん」の舞台は浜松。

静岡県の遠州(えんしゅう)地方にあります。

…と聞いても、静岡付近の方以外はピンとこないかもしれませんね。私も正直なところ、全然聞いたことのない知名でした。浜松はすぐ分かるんですけどね。

「とと姉ちゃん」の予習がてら、遠州ってどこか、どんなところなのか調べてみました。

 

「遠州」とはどこのことか

日本地図の、遠州付近を塗りつぶした図。

遠州は静岡県の西部です。

日本地図だと、このへん。

静岡県になる前は「遠江」(とおとうみ)「遠江国」(とおとうみのくに)と呼ばれていた地方です。

明治時代に静岡県に統合されましたが、いまだに当時の名残で「遠州地方」と呼ばれます。

 

遠州、細かな図にしてみると

静岡県を流れる「大井川」という川が境目になります。(諸説あります)

静岡県の図。遠州の範囲を線で囲んでいる。

青い線が大井川。

それより西、ピンクで囲んだ側が「遠州」です。

左下のほうに浜松がありますね。

 

遠州地方、今はどんなところ?

うな重。遠州のうちでも、浜名湖や天竜川はうなぎの産地!

はい!!

静岡県西部の浜名湖や天竜川といえば、うなぎの大産地ですね!

見てるだけでお腹が減ってくるような、うなぎの名店がそろっています。

 

浜松餃子。浜松は遠州の中心。

こちらも!

浜松餃子も有名です。ああビールと一緒にいただきたい。

 

ほかにも、浜松城なんかの史跡も有名です。徳川家康の若いころの本拠地です。

織田信長と同盟を結んで、武田軍と戦ったのもこの地方。

史跡や戦場の跡が数多くあり、歴史好きにはもってこいの場所です。

 

ヤマハやローランドなどの楽器工場も有名ですよね。

ピアノメーカーのKAWAIは、X JAPANのYOSHIKIのクリアピアノを作っていることで有名です。

後述しますが、遠州はものづくりの一大産地として発展してきました。

現在はオートバイ・自動車工場なども数多く立地しています。

中学校の社会の授業なんかでも習った、という方も多いのでは?

 

今でこそ、遠州はワクワクスポットですが。

とと姉ちゃんの時代はどうだったんでしょうか?

 

遠州、「とと姉ちゃん」の時代はどんな場所だった?

江戸時代以降

広がる畑の写真。江戸時代以降、遠州はド田舎だった

遠州には牧之原台地という台地があります。

ここはもともと、明治時代になって職を失った武士が開拓し、お茶畑に変えていった場所です。

自然が豊かというか、むしろ閑散としていて不便な土地だったようです。

今の発展具合からはあまり想像がつきませんが。

1800後半~産業の街に

工場群の図。遠州は工業の町として発展した。

しかし1800年代後半に転機が。

東海道本線という鉄道が開通します。

それがきっかけで、遠州には綿織物や楽器の工場が多く立つようになりました。

その後、昭和6年(1931)に満州事変が起こって、遠州の織物は需要がうなぎ上りに。

 

とと姉ちゃんのストーリーが始まるのは1932年。遠州の繊維産業がずいぶん発展してきたころですね。

「とと姉ちゃん」のお父さん、小橋竹蔵染物工場の営業部長として忙しく商売に励んでいます。

 

しかし、なかなかうまくは行きませんでした。

その後、第二次世界大戦で軍事産業ばかりしなければいけなくなり、さらに昭和19年(1944)には東南海地震が発生。

遠州の織物は、終戦を待たずに壊滅状態になってしまったのです。

 

実際に「とと姉ちゃん」小橋常子をはじめ小橋家は、繊維会社からの援助を受けられなくなり生活が行き詰ってしまいます。

それで一家で遠州を引き上げ、東京の深川へと移り住みます。そこにいる、常子たちの祖母を頼って。

 

遠州は、栄えたり、急落したりの歴史なんです。

そんな激動の時代を、「とと姉ちゃん」小橋常子と小橋家は生き抜きます。

 

遠州を舞台にした「とと姉ちゃん」、いつから?

2016/4/4(月)から放送開始予定となっています。

遠州の雰囲気も楽しみながら、「とと姉ちゃん」たちが生き抜く様を見守りましょう。

スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)