格安SIMで、年12万円節約できる!

半分、青い。ブッチャー役キャストは矢本悠馬さん!魅力的な人柄とプロフィールをまとめたよ【NHK朝ドラ2018】

朝ドラ「半分、青い。」に登場する、ブッチャー(西園寺 龍之介)。

何かと鈴愛(永野芽郁)にちょっかいを出してくる割には、律(佐藤健)の言うことは素直に聞くという…どこか憎めない同級生。

 

そんなブッチャーを演じている俳優は、矢本 悠馬(やもと・ゆうま)さん。童顔ですが、もう27歳。芸歴は15年にもなる、ベテラン俳優さんです!

 

矢本悠馬さん…なんか、CMとかドラマでチョイチョイ顔は見るような…?

ペソギソ

そうなんです。きっとどこかで見覚えのある俳優さんだと思います。この朝ドラ出演で、さらにブレイクする兆し!

 

この記事では、「半分、青い。」でブッチャー役を演じる矢本悠馬さんの

  • 「半分、青い。」での役どころ
  • プロフィール
  • これまでの出演作
  • インタビューなどから見える、矢本悠馬さんの人柄

を紹介していきます!

ざらし

特に、気さくで明るい人柄はとても魅力的!

「半分、青い。」ブッチャーの役どころ

ブッチャー

(西園寺 龍之介/さいおんじ・りゅうのすけ)

 

鈴愛と同級生のガキ大将。あだ名は「ブッチャー」。

町で一番のお金持ち、西園寺不動産の息子。自宅から学校までは人の土地を踏まずに行けるらしい。

学校では同級生たちを手下にしているが、律の前だけではなぜか言うことを聞いてしまう。

律と幼なじみの鈴愛には、何かとちょっかいを出してくる。

かき回しに来る…と思いきや、実はいいヤツ的なポジションかな?

ペソギソ

うーん…おそらく、そんな気がします。いざ大人になると、鈴愛や律をガッツリ助けるんじゃないでしょうか?

 

ざらし

そんなブッチャーを演じている、矢本悠馬さんのプロフィールを見てみましょう!

 

半分、青い。ブッチャー役キャスト・矢本悠馬さんのプロフィール

矢本 悠馬(やもと・ゆうま)

  • 生年月日:1990/8/31(27歳)
  • 出身:京都府
  • 特技:サッカー・卓球・テニス
  • 資格:原動機付自転車免許
  • 事務所:ソニー・ミュージック・アーティスツ

 

子役デビューの決め手は「やる気の無さ」!?

2003年、13歳のころに映画デビューした矢本さん。「ぼくんち」という映画で、観月ありささんの弟役を演じました。

主演女優の弟ですから、けっこうなメインキャストですよ。それがデビューとは…!

 

当時、劇団にも入っていなかった矢本さん。もちろん、演技は未経験

そんな矢本さんがオーディションに合格したのは…やる気のない演技」が評価されたから。

素人ならではの自然な演技が良かったんですね。13歳にして大物感あふれるデビューなのでした。

 

2011年から劇団「大人計画」に所属。腕を磨く

専門学校を卒業した矢本さん。2011年、21歳のころに劇団「大人計画」に研究生として所属します。

「大人計画」って、宮藤官九郎さんとか阿部サダヲさんの…?

ペソギソ

そう、その劇団です。

なんか、これだけで矢本さんのキャラクターが分かりそうな気が。

 

その後、自分で「劇団こまつな」を旗揚げします。2014年には作・演出・出演で舞台公演も行いました。

その間も、ドラマや映画など色々な仕事に挑戦して、矢本さんは腕を磨きました。

ざらし

その頃出演した作品は、後でまとめます!

 

2016年に事務所を移籍。その後も、バリバリと活躍しておられます!

 

半分、青い。に出演するまでの、矢本悠馬さんの出演作

CM

  • ソニー・コンピュータエンタテインメント 「PlayStation 3」グラフィック広告
  • Cygames 「三国志パズル大戦」(2014年)
  • 日本コカ・コーラ ファンタ「お悩みスッキリ!ファンタTシャツ」篇(2015年)
  • ツーカーホン関西 プリケー「雨宿り」
  • キリンビール キリン ビターズ「後輩」篇(2016年)
  • Supercell 「クラッシュ・ロワイヤル」(2017年)
  • サントリー サントリー角瓶・角ハイボール「新顔」篇(2017年)

ーWikipediaより引用

 

矢本悠馬さんがこれまで出演したCMは、ご覧の7作。

その中でも、「角瓶」のCMでは、スナックのママ・井川遥さんに完全にデレデレな矢本さんが見られます。

結構アップで映るので、覚えてる方も多いんじゃ?

 

映画

  • ぼくんち(2003年) – 一太 役
  • ミチずレ(2013年)
  • 銀の匙 Silver Spoon(2013年) – 常盤恵次 役
  • クローズEXPLODE(2014年) – 岩田五郎 役
  • トワイライト ささらさや(2014年)
  • ちはやふる 上の句・下の句(2016年)・結び(2018年) – 西田優征 役
  • 破門 ふたりのヤクビョーガミ(2017年) – セツオ 役
  • 君の膵臓をたべたい(2017年)- ガム君役
  • トリガール!(2017年) – 古沢 役
  • ポンチョに夜明けの風はらませて(2017年、ショウゲート) – ジャンボ 役
  • SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年8月31日公開予定) – 梅の兄 役

ーWikipediaより引用

 

矢本さん出演の映画は、上記の11作。

 

ざらし

なんと言っても、「ちはやふる」シリーズはかなりの主要キャラだね!

広瀬すずさんと共に青春をかるたに賭ける、瑞沢高校かるた部のメンバー「肉まんくん」を演じておられます。

これで、チーム内俳優の最年長なんだぜ…信じられるかい?

誰よりも高校生っぽいじゃん…!

ペソギソ

「半分、青い。」で学生役を演じるのも、これで納得ですねえ。

 

ドラマ

ドラマの出演は30作を超える矢本さん。代表的なものを、いくつか抜粋してみますね。

 

  • 連続テレビ小説(NHK) てるてる家族(2003年9月 – 2004年3月) – 佐藤浪利 役
  • 連続テレビ小説(NHK) 花子とアン(2014年3月 – 9月) – 徳丸武 役

 

朝ドラは、今回が3回目。

1回目は、子役デビュー直後の「てるてる家族」でした。石原さとみさんがブレイクしたドラマですね。

吉高由里子さん主演の「花子とアン」では、主人公の幼なじみを演じていました。カンニング竹山さんの息子役でした。

 

この2作、矢本さんには大きな「共通点」があるんです。それは…

ざらし

2作とも、「金持ちのボンボン息子」役なんだ!

今作「半分、青い。」でも、なんと!またボンボン役もう板についたもんですね。

 

他のドラマも見てみましょう。

  • ゆとりですがなにか(2016年4月17日 – 6月19日、日本テレビ) – 中森 役
  • 仰げば尊し(2016年7月17日 – 9月11日、TBS) – 古庄芳喜 役
  • 大河ドラマ 真田丸 最終回(2016年12月18日、NHK) – 六郎 役
  • スーパーサラリーマン左江内氏 第6話(2017年7月、日本テレビ) – 爆弾事件の犯人 役
  • 大河ドラマ おんな城主 直虎(2017年1月 – 12月、NHK) – 中野直之 役

 

矢本悠馬さんが大きな注目を浴びたのが、大河ドラマ「おんな城主 直虎」

直虎様とぶつかり合いながらも、忠誠を尽くす男・中野直之を演じました。

 

着実にキャリアを積んできた矢本悠馬さん。ここまでの成功の陰には、矢本さんの人柄が大きく関係しているように思います。

「半分、青い。」で演じる役柄にも、その人柄は大きく出るはず!

ざらし

ここからは、矢本悠馬さんの人柄を見ていくよ!
スポンサーリンク

インタビューやSNSから分かる、矢本悠馬さんの魅力。とても真面目でおもしろい!

 

「ちはやふる」の細かなワンカットにかけた想い

大会の会場で、負けた学校の人たちが泣いてるのを千早が見ているところがあって。その千早の背中越しで、なぜか俺が駒野の体をずっとさすってるんです。試写で観たとき、めっちゃ肉まんくんっぽいな!って自分で思った(笑)。だからあの細かい芝居にぜひ注目してほしいなと。
俺はあそこに懸けたと言ってもいい。映ってないところでも、しっかり肉まんくんなんだっていうのを知ってほしいですね。

-映画ナタリーより引用

映るか映らないか…という細かいところでも、役に入り切る矢本さん。

まさに全身全霊を賭ける役者さんです!

 

現場の雰囲気を考えて振る舞うムードメーカー!

これまで参加した作品は、結構若い現場で、僕は年齢的に上のことが多いんです。でもいつも一番下みたいな扱いを受けています。
やっぱり年上は、下の人間を緊張させたら終わりじゃないですか。できる限り現場では、スタッフさんやキャストの人たちみんなになめられようと思っているんです。あとは結構緊張するタイプなので、現場が楽しい雰囲気だと自分もやりやすくなりますしね。

-クランクイン!より引用

ただ楽しい感じのいじられキャラ…というわけではないんですね。

現場を盛り上げるために、しっかり考えておられます。

「半分、青い。」の現場でも、和気あいあいと現場を盛り上げておられるはず!

 

大河ドラマの役作りは、ジックリ考えて答えを出す矢本さん

-中野直之という人物をどのように捉えていますか。

非常に真面目で、根っからの武士です。武士は、僕にとってはファンタジーみたいなもので、想像上の存在でしかありません。だから、演じるに当たって、“いきなり怒ってほしい”と指示された時は自分の中で整理がつかず悩みました。しかし、僕みたいなゆとり世代とは真逆だと考えたら、直之という人物が理解できました。つまり、父親や育った場所で教えられたものがすべてだと信じて、それを信念として規律を守って生きている人たち。そう考えて、怒っているせりふは直之という人間が、“これは絶対に正しい”と信じているものなんだと思ったら、演じやすくなりました。それでようやく、台本と自分と直之の三つが一つになりました。

-エンタメOVOより引用(おんな城主 直虎)

役作りは妥協せず、はっきりと人物像を作り上げる矢本さん。

3の線を地で行く方かと思いきや…中身はマジメそのもの!

 

とはいっても、お調子者の矢本悠馬さんが憎めない…!

矢本悠馬さん本人のツイッターに、ある日こんなつぶやきが。

乃木坂のライブを鑑賞し、テンションが上がった矢本さん。

しかし、そのテンションで出かけた服屋さんで…

矢本さんwwwww

ペソギソ

こういうところが、なんか「元気が出る俳優さん」って感じですよねえ。人懐っこくて憎めない。

きっと、こういう人柄が役作りにも生きてくるんでしょうねえ。

 

「半分、青い。」公式SNSで矢本さんのオフショットが公開!楽しそう!

とっても自然ないい表情。きっと、「半分、青い。」の現場も和ませておられるんでしょうねえ。

ざらし

矢本悠馬さんの演じる「ブッチャー」。今後の役どころにも注目ですね!

 

半分、青い。関連記事

icon-hand-o-right  半分、青い。菜生(なお)キャストは奈緒さん!動画とプロフィールで魅力をまとめたよ

icon-hand-o-right  半分、青い。キャスト一覧!あらすじやモデル、脚本家についてもまとめます。【NHK朝ドラ2018春】

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)