iPhoneの処理が遅いと嘆くあなたに。1分でできる「バックグラウンド更新のオフ」やってます?

スポンサーリンク


わたしは、未だにiPhone5sを使っています。iPhoneXだとか顔認証だとか言っているこの時代に、まだ…!

アプリも段々高性能になってきたので、処理速度は落ちてきているように感じます。

 

そろそろ、コイツも買い替え時期なのかなあ…と思っている矢先、こんなありがたいツイートが目に飛び込みました。

おお、ポジ熊先生…!マジですか…!

 

わたしも早速やってみたところ、効果はテキメンでした!瀕死状態のiPhone5sが、爆速になって復活しましたよ!!

それでいて、なにかトンデモナイ不便が生じるわけでもありません。

 

やることは「バックグラウンド更新」をオフにするだけ。

ペソギソ
でも、普段触る設定じゃないから…どうやるかサッパリわからん!!

ですよねー。わたしも結構探しました。

でも、「設定」のどこにあるかさえ分かれば、1分で終わります。この記事では、そのカンタン手順を画像つきでご紹介しますね!

あざらざらし
さあ!あなたもレッツサクサク!!

 

スポンサーリンク


iPhoneの処理が爆速になる「バックグラウンド更新のオフ」の方法

まずは、「設定」を開きましょう。

 

これが「設定」を開いたところ。その中から、「一般」を開きましょう。

 

 

「一般」の中に、「Appのバックグラウンド更新」という更新があります。そこを選択。

 

すると、こんな感じの画面になります。一番上の「Appのバックグラウンド更新」を選びましょう。

 

そして、この中から「オフ」を選択。

 

これでおしまいです!めっちゃカンタンでしょ?

これだけで、余分な処理がなくなるので動作が快適になりますよ!!

 

iPhoneの「バックグラウンド更新」をオフした時の注意点

この設定にすると、アプリの自動更新がオフになります。なので、アプリの更新がないか、たまーにチェックしてあげないといけないんですね。

でも、これも難しいことじゃありません。手順は、たぶんご存知だと思います…

 

「App Store」を開きます。アプリをダウンロードする時のやーつですね。

 

アプリの更新があったら、ここに赤丸数字がつきます。その時はここをタップ。

(もちろん、なにもなければ更新はありません。)

 

普通にアプリの横の「アップデート」を押してもいいんですが、「すべてをアップデート」を選べば一発で終了です!

 

はい!終わり!

これを、思い出したときにやるだけです。あんまり難しくないでしょ?

iOSがアップデートされた時には、マメにココをのぞくようにしましょう。

新しいシステムに対応できるように、アプリのアップデートが増えるんです。

スポンサーリンク


 

まとめ:遅いと感じていたiPhone、速くなりましたか??

設定の手順を、箇条書きでまとめますね!

 

  1. 「設定」を開く
  2. 歯車マークが付いた「一般」を開く
  3. 「Appのバックグラウンド更新」を選ぶ
  4. 一番上のトコをタップして「オフ」を選ぶ

おしまい!たったこれだけ!

 

どうでしたか、バリバリ速くなりました??

わたしは「うっひょwwwwwこれwwwウソやんwww」ぐらい速くなったことを覚えています。こんなちょっとした設定1つで、こんなにすぐiPhoneが復活するなんて…!

あざらざらし
さあ、あなたもレッツ・サクサクライフ!!

 

ツイートを参考にさせていただいた、ポジ熊さんのブログはコチラ。ブログ開設とほぼ同時に「3ヶ月で1000記事更新」という人間卒業技を達成された、北海道の星ブロガーさんです。

いろんな苦労や心配事に対処してこられたからこそ書ける、まさに「人生記」の数々が綴られています。

▼ポジ熊さんのブログ
スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)