軽MT車は楽しいぞ!4年乗って感じる、メリットとデメリットをまとめます

スポンサーリンク

わたしは現在、軽MT車に乗って生活しています。中古(25Kmぐらいしか走ってない)でしたが、わざわざ探して購入しましたよ。

というのも、免許を取って初めてのクルマはAT車だったんです。長く乗ってると愛着は出てきたんですが、ホントはMT車に乗りたかったんです。

でも、なかなかイイのが見つからなくて…あの頃のわたしは結局、妥協することにしました。

 

そんなAT車生活から、軽MT車に乗り換えて4年。

改めてMT車に乗ると、やっぱり楽しい「俺…運転、してる…!」って感じが圧倒的にしますね。

もし軽MT車に乗りたい!という気持ちが少しでもあるなら…軽MT車、心からおススメします!

もちろん、デメリットもありますよ。だけど、結局は運転してて楽しい。その楽しさでデメリットはチャラになります。

 

この記事では、軽MTに4年乗って感じたメリットデメリットを正直にまとめたいと思います。

 

▼合わせて読みたい

 

スポンサーリンク


軽MTは楽しいだけじゃない。乗って分かる、メリットをまとめます

燃費がいいぞ。リッター15kmは滅多に切らない

最近はエコカーが結構出てますが、軽MT車も負けず劣らず燃費いいですよ!

 

わたしが一台目に乗ってたのはムーヴカスタム。ターボモデルに重厚なボディー。燃費は、リッター12kmを行ったり来たり。

真夏のエアコンガンガン期には、リッター9kmとかいう…

ペソギソ
DQNミニバンかな?

 

今乗ってるMTアルトは、平均値がだいたいリッター17km~18km

真夏の酷暑、もちろん冷房ガンガンかけてましたが…それでも、リッター17km台をキープしていました。恐るべし軽MTの底力。

 

あざらざらし
さーて…いやらしいおカネの話をしようかな…

ムーヴカスタム時代とMTアルト、ひと月にかかるガソリン代を計算してみました。

走行距離は、月1,000kmってことにしときます。実際、わたしの走行距離はそれぐらいなんです。

ガソリン代は120円/1ℓで計算します。

 

<燃費で比較する、月のガソリン代>

燃費 ガソリン代
ムーヴカスタム(AT) 12km/l 10,000円
アルト(MT) 17km/l 7,058円

(月1,000km走行、ガソリンは1ℓ=120円)

どうですか!ひと月なら、単純計算で3,000円ぐらい得してる計算になる。

ペソギソ
え…3,000円ごとき…!?

たかが3,000円と侮るなかれ!一年に換算すると、3,000円×12か月=36,000円じゃーーーい!!3年も乗れば、10万円の差額が生まれます。

 

もちろん、燃費は車種や改造の度合いでずいぶん変わりますよ。わたしのクルマの数値は、あくまで一例にすぎません。

でも、ここまで節約できるとは正直思ってませんでした。これはうれしい誤算!!

 

あざらざらし
あと、軽なので税金がめちゃくちゃ安い!

わたしの場合は登録年月日の関係で、現在でも年7,200円です。

普通車だと、いちばん安くても29,500円(エコカー減税は除く)。比べると、だいぶん浮いてます。

 

AT車に比べてパワーが強い。スイスイ行けちゃう

アクセルをベターっと踏んでるのに、全然進まねえぜ…って経験、ありませんか?

ペソギソ
エンジンの「ヴオオーン」という音がむなしく車内に響き渡る…

軽自動車あるあるだと思います。

 

MT車に乗り換えてから、パワーの強さを感じるようになりました。

エンジンの回転が、ダイレクトに路面に伝わってるというか…うまく言えないけど、エンジンのパワーがロスせずに、しっかりと反映されている感じがします。

「ヴオオオオオーーー」というむなしいエンジン回転音があまり聞こえなくなりました。

 

それもそのはず。仕組み的に、MT車はエンジン部とタイヤ部の歯車が直接つながります

AT車は、エンジン部とタイヤ部がATF(オートマフルード)という液体でつながっています。液体を通してつながっているので、ギアのつながりはスムーズ。だけど、パワーの伝わる効率はMTに比べると弱め。

 

…という事情があるんです。かいつまんで言うと、「MT車のほうが、AT車よりもパワーが伝わりやすい仕組みになってる」ってことですね。

ペソギソ
…省略しすぎじゃない?
あざらざらし
細けえこたぁいいんだよ!

坂道や高速での加速も、グイグイ行けちゃう。加速力に関して言うと、ターボ付きだった前の車に匹敵してます!

 

MT車、乗れるうちに乗っとかないと操作を忘れちゃう

わたしがMT車を購入したのは4年前。免許を取ってから、すでに7年が経った頃でした。

その間、MT車に乗ったのは敷地内の軽トラ移動ぐらい。公道走行どころか、3速に入れるかどうか…という程度のトロトロ走りでした。

 

そんな状態で、いざMTアルトを購入した時。

ディーラーさんにお見送りされながら運転席に乗った私ですが、わたしの心臓はバクバク言っていました。

「ディーラーさんの前でエンストしたら、めっちゃ恥ずかしいやんけ…!」

 

7年ぶりの、MTで公道乗り入れ。しかも3車線のバイパス。

オイ俺の左足オイ、ちゃんと半クラできるのかい。できないんだい。どっちなんだい!!できる!!!

 

…脳内になかやまきんに君を呼び出し、なんとかディーラー前でのエンストを回避。その後もヒヤヒヤしながら家に帰りました。

MT車、早く乗っておかないと操作を忘れちゃいますよ!「MT車に乗りたい!」という気持ちがあるなら、お早めに…!

 

軽MT、運転たーのしーーー!!!

もうね、あえてこれを最後に持ってきますわ。いやもうホントに楽しい。

「人馬一体」っていうじゃないですか、あれをダイレクトに感じることができます。クラッチの踏み込み方、変速の仕方ひとつで大きく挙動が変わる、この感じ!

そして、軽というのもミソなんです。外との距離が近く感じる分、走ってる感をダイレクトに感じることができます。車重も軽いので、スイスイ走ります。

「コックピットで操縦してるぜ…!」感が満載です。そういうのがお好きな方、MT車に乗る機会を逃されませんよう。たーのしー!ですよ。

 

軽MTは楽しいが、欠点もあるぞ。

め ん ど い(時々)

やっぱり人間だからね、元気ないときもあるよね。そんな時、MT車の運転はめんどいよね。

たまにAT車に乗ると、「AT車楽すぎワロタ」ってなるよね。にんげんだからね。

 

「運転=移動手段」みたいな、運転にあまり喜びを見いだせない方も多いと思います。そういう方には、あえてMT車に乗るのはおススメしません。毎日が苦痛エブリデイになりまっせ

 

選べる車種が極端に少ない

統計によると、2011年時点でさえ日本のMT車比率は1.5%(現代ビジネスより)

実際、新車でMTグレードが選択できるクルマは極端に減ってきています。わたしのアルトも、最低グレードのものです。だってそうじゃないとMTがなかったんだもん。最低上等。

 

人気の「NBOX」とか「タント」とか、そもそもATしかありませんから。MT?何それおいしいの?みたいな感じですよ。

ただし!ひと昔前の車種はたくさんあります。また、グレードは低くても自分で改造していく喜びはありますね。それもまた、粋な楽しみ方。

スポンサーリンク


 

まとめ:やっぱり軽MTは楽しいわ!

4年たった今でも、「軽MT車を選んで良かったー!」という感想です。

節約と楽しさを兼ね備えてるっていうのは大きな強み!ただ我慢だけで軽MTに乗っていたら、たーのしー!とか言ってないはずですから。

 

活きのいい軽MT車、探せばまだまだあります。低走行で売りに出ているのもしばしば。

MT車ってだけで、けっこう買い手側はイヤがっちゃう傾向にあるようです。売れ残りで、思わぬ良品が残ってることも結構あるんですよ。

条件の絞り込みサイトのビジュアルがいちばんいい感じなのはカーセンサーだと思っています。わたしもお世話になったことがありますが、写真も多かったので安心してクルマ選びできました。

 icon-check 公式サイトをチェック!

 

わたしのMTアルト、今の走行距離が50,000kmを超えました。来年、3回目の車検を迎える予定。

まだまだバリバリ走ってもらう気でいます。やっぱり軽MT車はいいですよーー!!

スポンサーリンク

シェアしていただけると励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)