中国生活の前に準備するもの一覧>>

アルト(HA25S)のブレーキランプ交換手順、写真で解説。カバーの外し方に気をつけて!

わたしの乗っているアルト(HA25S型)のブレーキランプが切れました。

いちいち車屋に持っていくのも面倒(片道30分ぐらいかかる)だし、なんせ節約したい!…という思いから、自分で交換することにしました。

いざやってみると、10分あれば終わりました!2回目は5分でできました。

車屋に持っていくより、だいぶん早くできました!

じんぞう

 

ざらし

え…でも、難しそう。素人には無理なんじゃ?
大丈夫!ワイも素人やけどできたで。

じんぞう

はじめ、ブレーキランプのカバーがなかなか外せなかったのですが。そこさえコツをつかめば、誰でも交換できます!

取付工賃を浮かすこともできるので、自分でのブレーキランプ交換はとってもおススメ。この記事では、私が実際に交換した方法をご紹介します。

準備編:ブレーキランプを買いに行く前に「型式」をチェック!

まずは、交換するランプを買いに行きます。オートバックスなどのカー用品店なら、ほぼ間違いなくあります。

…でも、車の電球ってどれも同じじゃありません。売り場に行くと、結構な数に圧倒されてしまうことも…。

 

なので、事前に下調べしておきましょう。

何を調べるかというと、車の「型式」。これは、車検証を見ればわかります。

(出典:Wikipedia)

車検証の、赤で囲んだところ。これをしっかりメモしたら、売り場へ行きましょう。

私の乗っているアルトなら、「HA25S」です。

 

電球売り場には、間違いなく「車種別電球適合表」が置かれています。電球の番号を調べるカタログみたいなものです。

ここでピッタリ合う電球を見つけるために、さっきの「型番」が必要なんです。

 

カタログが見当たらない!ややこしくて分からない!という方は、ネットでも見られますのでどうぞ。

車種別電球適合表(株式会社 小糸製作所)

 

それもややこしい!という方は…店員さんに聞くのが一番早いです!!!!ぶっちゃけ、これが一番手っ取り早い方法ですね。

でも、そこでも「型式」情報は必要です。なので、車検証チェックだけは必ずしてから買いに行きましょう。

 

私が買ったのは、こちらの電球。オートバックスで、なんと376円で買えました。

ささ、取り付けていきますよー!

じんぞう

ブレーキランプ交換、実際にやってみた(HA25Sアルト編)

注意
今回紹介するのは、アルト(HA25S)型の交換方法です。

ご自分のクルマでの交換方法は、クルマ付属の説明書をご覧ください。

 

「(クルマの名前) ブレーキランプ 交換」とかでネット検索するのがおすすめです。

じんぞう

 

 

まずは、トランクを開けます。

 

この2箇所、ネジを外します

 

そうすると、このランプカバーは外せるようになるんですが…

このカバー、ネジのほかに3箇所のツメで繋がっています。

写真で番号を付けた、この3箇所です。これが意外と手ごわい。

攻略法としては、番号順にやっていくのが一番やりやすかったです。

まずは、ネジを外したときに①の横にスキマができます。そこに指を入れて①を外しちゃいましょう。そうすれば、②と③も楽勝です。

ちょっと、外れた後の写真も交えて説明します。

〇がついているのが、ランプ部分とボディーを繋ぎとめる「ツメ」。

この「ツメ」の場所を意識しながら外すと、うまくいきやすいです!

じんぞう

ツメは垂直に刺さっているので、手前に向かって水平に、「引っこ抜く」イメージでいくと抜けやすいです。

 

次は、外れたカバーのココに注目。ここにブレーキランプが隠れています。

 

拡大写真です。ちょっと見えにくいですが、白いやつの先が△に合わされています。

 

これを、〇に合わせましょう。これでロックが外れ、電球が取り出せます。

 

ほらね!電球が出てきた。これを交換したら、あとは逆の手順で戻すだけ。お疲れさまでした!

 

アルトのブレーキランプ交換、そこまで難しくないよ

ざらし

ブレーキランプの交換とか、オタクのやることだと思ってた…

車に関しては、わたしは全然シロウトです。でも、意外とやってみたらできた!という感じです。特別な器具も必要ありませんでした。

この程度の手間で工賃が浮くなら、今後もずっと自分で交換しようと思っています。

さあ、あなたもレッツDIY!

じんぞう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)