7/17まで!Amazon Prime musicが4ヶ月99円!

塾の生徒と仲良くなるために、実際やった方法を3つまとめるよ【個別指導編】

塾講師になって、しばらくしてから立ちはだかる壁。

生徒が、なついてくれない…!

ざらし

 

「生徒と仲良くなる」っていうのは、なかなか難しいもの。時には「えー」みたいな顔をされたり、若干無視されたり。

思い描いていた「楽しい塾講師ライフ」的なものとは違う、「リアル」を見せつけられた気分になります。

 

わたしも、今の塾に入社してからはそういう現実に直面しました。

Jinzo

かなり悩みましたねえ…。

生徒と仲良くなるべく、上司の仕事ぶりを観察して改善を重ねました。アドバイスももらいました。

 

その結果、生徒との距離感はかなりいい感じになりました!

今になって思うことは…

Jinzo

生徒と仲良くなるためには、「方法を知る」より「考え方を変える」ことが必要!

ということです。

 

生徒たちも人間。技術を駆使すれば自動で距離が縮まる…というわけじゃありません。

この記事では、生徒との距離を縮めるための3つの考え方をまとめます。実際、わたしが役立ててきたものです。

 

生徒と仲良くなろうと焦ると、陥りがちなワナもあります。

まずは、そこから。

雑談は逆効果!授業に集中しない癖が付き、最初より悪い状態に。

学校のこととか、部活のこととか…生徒とたくさん話したら良いんじゃない?

ペソギソ

…と思いますよね。私もそう思ってました。でも、これは大きなワナ。

生徒と仲良くなるどころか、完全に逆効果になるんです。

 

 

…どうして?授業以外のことを話したら、仲良くなりそうなのに?

ざらし

授業と関係ないことばっかり話してると、やがて生徒は授業に集中しなくなります。勉強に来てんのか、ダベりに来てんのか分かんない感じになるんですね。

そうなったら、あとは転がり落ちるだけ。

 

授業に集中せず、雑談ばっかり

→「この先生が相手なら、ダラけてもいいやー!」

→マジメに勉強しなくなり、成績は落ちる一方

→「…この先生の言うこと聞いても、あんま意味なくね?」

→完全にナメられる

 

という、負の連鎖が完成してしまうのであります。

生徒と仲良くなるどころか、完全にナメられておしまいです。

 

 

でも!一方的に授業するのも良くないと思うぞ!!

ペソギソ

その通り。

誰も「会話するな」とは言ってないんですよ!雑談以外のことでコミュニケーションを取って、生徒との絆を深めていきましょう。

じゃあ、どんなことを会話するのかというと…それが次のお話。

 

1:生徒とは、授業内容についてたくさん会話しよう!

雑談はあまり良くないですが、授業内容についてはしっかり会話しましょう!

そのとき使ってる教材の要注意ポイントで、質問を投げかけるのはいい方法です。例えば

 

  • interestingとinterested、どう使い分けるんだっけ?
  • 今、学校はこの範囲まで進んでる?
  •  mustって、2語に置き換えると何だっけ?

 

…といった具合に。

質問したら、しっかり生徒の答えを聞きましょう。それに応じて、また質問。

これを繰り返して会話を進めていけば、コミュニケーションの道が開通します。

2:自信を持って、生徒をリードしてあげる。オドオドしない

新人講師だったころ、わたしは

Jinzo

自分の授業、なんかダメなところないかなぁ…

といつも考えていました。もちろん、それは表に出てしまってました。いつもオドオド。生徒の側も、「この先生、大丈夫かな…?」みたいな顔を頻繁にしていました。

生徒との関係が、こんな状態で良くなるわけがなく。けっこう悩んでいました。

 

でも、あるとき思いました。

Jinzo

講師の側が生徒をリードできなくて、なにが講師やねん!

「成績を上げたい!でも上げる方法がわからない!」という子たちが、先生に教えてもらいたいから塾に来てるのに…

そこで先生が頼りないんじゃ、生徒は頼るところが無くなっちゃいますよ。

 

 

そう思ってからは、ちゃんと自信を持って授業ができるようにしました。

 

  • 授業準備を綿密にやっとく
  • 生徒の目を見て、じっくり語りかけるようにする
  • あわてずに落ち着いて考え、行動する

…このへんを意識しだしてから、徐々に生徒の態度が変わり出しました

分からないところを質問してくれるようになり、指示も素直に聞くようになったんです。

反抗期真っ只中boysたちまでも、この取り組みで言うことを聞くようになりました。正直ビックリした…!

 

生徒たちはホントに賢いですねえ。頼れる大人かどうか、しっかり観察しています。

もちろん虚勢を張ってもバレちゃいますが、自信は前面に出したほうがうまくいく…ということがわかりました。

3:生徒の最高の益を、いつも心の奥底から気にかける!

Jinzo

これが、何よりも大事なポイント!

 

子どもたちはホントに、先生の本質をよく見てます。

生徒のためを思って指導してるのか、それとも講師自身の実績づくりが第一なのか…時間をかけて、じっくり観察しています。

そして、「この先生、自分のことが一番なんだな…」と思われたら最後。そこから距離が縮まることはありません。

 

 

「生徒の益を第一にする」という思いは、講師の表面にしっかり現れてきます。

  • 目を見ながら、真剣に伝えようとする
  • 生徒に嫌われることを恐れず、叱るべきとこで叱る
  • 一人ひとりの弱点に応じて、教え方を変える

 

こういった部分で真剣さを感じ取ると、子どもたちの心も動きます。私も経験しましたが、ホントに面白いように変わっていくんです。

 

もちろん、「生徒が第一だから、時間外労働で給料が出なくても許される」とかは微塵も思ってません。

でも、生徒と向き合ってる授業時間中・勤務時間中にはいつも生徒のことを第一に考えましょう。

キレイごとでも何でもなく、塾で仕事するためには不可欠な要素だと思います。

スポンサーリンク

まとめ:生徒と仲良くなる=生徒との信頼関係を築くこと。友達関係じゃない。

生徒と仲良くなるためには

  1. 授業内容のことで、会話をたくさんする
  2. 自信を持ってリードする
  3. 生徒の益を、心から第一に思う

という3つが大事。ホントに大事。

 

 

「生徒と仲良くなる」っていうのは、生徒の友達になることではないと思っています。

 

生徒に信頼してもらえる「頼れる先生」になること。しっかりした信頼関係を築くこと。

これが本当に「生徒と仲良くなる」ってことなんだと思います。

 

この記事でまとめた3つのポイントは、勤務時間内でほぼ完結することなんです。実際、私も家ではほぼ仕事の用事はしていません。

どうせ同じ勤務時間・同じ給料なら…内容が充実してて、生徒に信頼される方がいいですよねえ。

よかったら、ぜひトライしてみてください。

Jinzo

充実した塾講師ライフになることを祈ってますよ!

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)