格安SIMで年12万円節約してみた結果>>

中国生活の必需品、必ず日本から持っていくべき必須アイテムまとめ

中国生活の準備をする上で、「一体何を持っていけばいいのか?」は一番悩むところ。わたし達夫婦もそうでした。

中国で買えるものは別に持っていかなくていいですが、「中国にあると思ってたのに、実際はなかった!」っていうのが一番しんどい。

Jinzo

次の帰国まで我慢するのもシンドイ必需品って、やっぱりあります。

あと、中国生活で思いがけず必需品になるものもあります。

 

この記事は、日本から持っていくべき生活必需品」特集。わたし達夫婦が友人たちに情報収集したり、実際に中国に引っ越して体験したことに基づいてまとめていきます。役立てていただければ嬉しいです!

 

中国生活の必需品、日本で揃えきらないといけないの?

中国にもたくさんモノはあります。思いがけず中国で買えるものもたくさんあります。

ただし日本特有のもの・日本人ぐらいしか欲しがらないモノは、買える場所がかなり少ないです。大抵は遠くにしか売ってなかったり、輸入モノとして扱われているので高価だったりします。

Jinzo

「こんなもん、日本の100均で買えるのに…!」みたいな物が300円そこらで売られてると、めっちゃ損した気分になりますよね。

なので、「中国で手に入りにくい生活必需品」を効率よく日本で買ってこれたらいいですよね。

 

中国生活の絶対的必需品!必ず日本で買うべきモノ

ここからまとめるのは、「中国でなかなか買えないけど、絶対に必要」なもの。日本でたっぷり買っていきましょう。私たちもたんまり準備してます。

Jinzo

どれかが無くなったら、多分発狂しちゃいます。

それぐらい重要なものばかりです。この記事を参考に、ぜひ日本で揃えていってください!

 

水に流せるポケットティッシュ

中国のトイレには、トイレットペーパーが備え付けられていません!外出先で流せるティッシュがないと、マジで詰みます。

ざらし

一日たりとも切らせないね…

わたし達2人も日本で大量購入し、中国に持ってきました。

3ヶ月滞在の予定で、12パック×3セットぐらい買ったと記憶してます。

わたしが買った、水に流せるポケットティッシュの写真。

▲ダイソーで買いました。ガッツリ使いかけですね。

チョット余り気味なんですが、それぐらいストックしておいてなんも損しないと思います。むしろ、無くなったときの精神的ダメージのほうが大きい!

トランクの中では緩衝材になってくれるし、重さにもそんなに影響しません。ダイソーなどでガッツリ買っておきましょう!

 

除菌ウエットティッシュ

わたしが買った除菌ウエットティッシュの写真。

▲無くなったらきっと発狂しちゃうので、大量買いしてます。

ご飯を食べに行って、お手拭きが出るなんてことはまずありません。なので、食前の手拭き用に絶対ウエットティッシュが必要。

それに加えて、店員さんが拭いたテーブルが汚いことがあります。

「その布ホントに洗ってる?」みたいな布で拭かれるぞ!

ペソギソ

そんなときも、除菌ウエットティッシュがあれば拭けます。

あと、トイレの手洗い場にハンドソープが無い!なんてのも日常茶飯事です。トイレを出たあとも、除菌ウエットティッシュがあれば安心です。

用途を考えると、上記のような「除菌タイプ」のものを準備するといいですね!

 

中国旅行用SIMカード

え?旅行用SIMカード買うの?住むんでしょ?

ペソギソ

中国に着いてから、電話会社と契約するまでの間は通信手段がないですよね。それまでの「ツナギ」として、この旅行用SIMを使います。

中国旅行用の使い切りSIMカードが、日本のAmazonで購入できます。事前に買って中国に持ち込みましょう。

▲わたしはこのSIMカードを購入していきました。

わたしが買った、中国・香港対応のSIMカードの写真

▲まさに中国に飛び立つ数時間前、関空で開封した写真です。

8日間使えますし、なにより中国で規制されているLINEやGoogle各種サービスが使えるのが一番の強み。900円台で購入できるので、必ず一枚持っておきましょう。

 

SIMフリースマホ

当然っちゃあ当然ですが、日本キャリアのみ対応のスマホは中国で使えません。今お使いのスマホをSIMフリー化するか、新しくSIMフリーのスマホを用意しておきましょう。

安心してください、使えますよ
日本でSIMフリー化したスマホは、原則的に中国のSIMカードに対応します。

 

変圧器

日本から使いたい家電を持っていく場合は、必ず変圧器もセットで持っていきましょう。わたしは愛用の電気シェーバーを使いたかったので、新しく変圧器を買いました。

▲海外在住の友人の勧めで、コレにしました。

わたしが買った変圧器の写真

動作には全く問題なし!満足しています。

変圧器について、詳しくは別のページにまとめたのでご覧ください。

 

足に馴染んだスニーカー

住む地域にもよると思いますが、とにかく中国はよく歩く。道が凸凹ザラザラ。足への負担はかなり大きいです。

わたしは中国引っ越しを見越して半年前にスニーカーを買い、日本で足になじませてから持っていきました。これは大成功だったと思っています。

▲私のスニーカーはこれです。

Jinzo

以前コンバースを履いて中国旅行をしましたが、足への負担がかなり大きくてホント足が棒になりました。

こういうクッションの良さそうなスニーカーを選んでおきましょう。

 

化粧品・お風呂グッズ

もうね、中国語の表示を見て「コレって自分の髪に合うのかな?」とか考えるのマジで無理です。現地で買ったのが肌に合わなくて、肌荒れしちゃったりすると大変。

わたしの妻は、割引セールとかを使いながらコツコツ買い貯めて準備してました。

妻が買った、LUSHのシャンプーの写真

▲妻は頭皮があまり強くないので、特にシャンプーはかなり吟味して買ってましたね。結局LUSHでもらった試供品がとても良く、そのまま買って中国に持ってきました。

チョット荷物が重くなりますが、自分に合うのをたっぷり持っていきましょう。

ざらし

気候や文化に馴染むだけでも大変なのに、毎日頭皮や肌がかゆいと発狂しちゃうよねホント。

 

海外キャッシングできるクレジットカード

日本の銀行口座に入ってるお金を、中国人民元で手っ取り早く引き出すにはキャッシングが一番です。

日本円を中国の口座に送金することもできますが、手数料超高い・手間かかる・時間かかる の三重苦。ゆうちょ口座→中国の口座へ送金したことがあるんですが、手数料が4,000円かかったうえに窓口で一時間ぐらいかかりました。

Jinzo

オラもう絶対やらねえぞ!(憤怒)

 

キャッシングって、借金するってこと…!?大丈夫かよ!??!?

ペソギソ

そう、キャッシングは「クレジットカードで手軽にできる借金」。当然利子が付きますが、年に18%。365で割ると、一日あたり0.049%

ざらし

換金や振り込み手数料より、かなり安く抑えられるよ!

わたし名義のセディナカードの写真

▲実際にわたしが使ってるセディナカード。このカードでキャッシングを使っていますが、一回返済するごとに利子は80円前後です。

海外生活する日本人にとっては、かなりおトクなサービスです!ぜひ一枚は、キャッシング用のクレジットカードを持っておきましょう。

 

人によっては必需品。日本で買っておくと役立つモノ

コーヒー(インスタント・ドリップ)

中国にもスタバなどのカフェはあります。でも、スタバで飲める一番安いコーヒーでも30元(=450円)はします。ほぼ日本のスタバと同じですよね。そうそういつも飲める値段じゃありません。

インスタントコーヒーもあるにはあるんですが、輸入品扱いになるのでけっこう高値なんですよね。

わたしが日本から持ってきた、インスタントコーヒーの写真

▲瓶詰めのインスタントコーヒーは重いので、プラスチックの容器に入れて持ってきました。

Jinzo

三日坊主で終わったプロテインシェーカー(左)、まさかこんなところで役立つとは…。

コーヒー禁断症状が出そうな方は、必ず持っていきましょう。

 

日本の調味料

特にだしの素・みりん・塩コショウ。この3つは中国にあんまりないので、自炊で和食を作りたいなら絶対持っていきましょう!

わたしの友人は、味噌3キロを日本から持ってきました。3キロはちょっと多すぎな気がしますが、たまらなく味噌汁が飲みたくなる方はお味噌も忘れずに。

わたしの家の冷蔵庫にある、だしの素の写真

▲だしの素です。かなりデカいのを用意してます。

日系スーパーなら、日本の調味料も揃うかも?
中国にもAEONやイトーヨーカ堂など、日系のスーパーが進出しています。そこなら日本の調味料があるかもしれません。でも料金設定は高めです!

▲塩コショウは今使ってる容器を持っていって、詰替するのがおすすめ。個人的にはこの粗挽きコショウタイプを推しています!

 

日本のインスタント食品

これはホント必要。中国生活に馴染めないときの精神安定剤的な役目をしてくれます。

故郷徳島から持ってきた金ちゃんラーメンの写真

▲我が故郷・徳島の味、「金ちゃんラーメン」。これは最高に滲みました。

 

あと、日本人の友達が永谷園のお茶漬けをくれたんですよね。これもまた胃に染み渡りました。

Jinzo

秒で無くなっちゃいました。次回の帰国時はたんまり買い込んでやります。

 

携帯ウォシュレット

Jinzo

おしりを守りたいあなたに必須!!!!

ウォシュレットは中国のトイレにほぼありません!今のところ、私は中国でウォシュレットを見たことがありません。

その理由には、たぶん家の構造が関係してると思うんですが

わたしの家のシャワーと風呂場の写真。

▲中国の一般的な家はこんな感じで、シャワーとトイレがめちゃくちゃ近いんですね。

シャワーの水、トイレに全かかりじゃん!

ペソギソ

ざらし

ウォシュレットなんか付いてたら漏電一直線だよね。

 

なので、もし必要なら

こういう携帯ウォシュレットを準備して行きましょう!6,500円程度しますが、おしりの安寧に比べれば…ね。

Jinzo

ぼくもほしい(小声)

 

浄水器

中国での飲み水は、ウォーターサーバーで確保する人が多いです。こんな感じで

中国の水の写真。

▲わたしが買った水は、19リットルで20元(=300円ぐらい)。2リットル30円と思えば、まあまあ安いかな?という感じです。

それも勿体無ければ、浄水器を買っておきましょう。わたしが実際に日本で使っていたのが、このクリンスイ。

ろ過式で、このまま冷蔵庫に入るので収納もバッチリ。いつでも冷たい水が飲めます。

カートリッジは3ヶ月に一回交換方式なので、滞在期間に合わせて買い増ししておきましょう。

Jinzo

公式ホームページを見ると、ちゃんと中国用ページがあります。中国使用もバッチリですね。

 

ドライヤー

中国でも、日本企業製造のいいドライヤーが買えます。

わたしが中国で買ったドライヤーの写真

▲中国で実際に買った、パナソニックのドライヤー。マイナスイオンは出ません。風量強めで大満足です。値段は2,000円ぐらい。

「マイナスイオンが出るやつじゃないとダメ」「散々捜しまくった結果、今のドライヤーを使っている」等々、ドライヤーにこだわりがある方は必ず日本から持っていきましょう。そこまでの良いのはなかなか見つかりません。

 

ただし、日本から持っていくなら変圧器も忘れずに。

ざらし

日本のドライヤーを直に中国のコンセントに挿すと、一発で壊れるよ!

ドライヤー対応の変圧器について、詳しくは別のページにまとめたのでご覧ください!

 

中国で安く買える!準備しなくても困らないもの編

除菌ジェル

食事の時やトイレのあとに、サッと使えて便利な除菌ジェル。これは、中国にもたくさんあります。品質が心配な方も、中国各所にあるチェーン店「MINISO」なら安心品質のものが手に入ります。

Jinzo

除菌ウエットティッシュがあれば、あまり出番はありません。

 

炊飯器

中国の炊飯器、十分おいしいお米が炊けます。

わたしの家で使っている炊飯器の写真

▲ウチはパナソニック製(中国用)の炊飯器ですが、普通においしいごはんが炊けますよ。米は中国のものだし、中国の炊飯器のほうが合うんじゃないかなと思います。知らんけど。

よっぽどこだわりが無ければ、持っていかなくても大丈夫です。

 

変換プラグ

中国のコンセントは、大体こんなカタチです。

わたしの家のコンセントの写真

▲ウチのプラグです。上の穴に、日本形状のプラグが挿せます。家の中ぜんぶこのカタチです。変換しなくてダイジョーブ。

 

食器類

輸送中に割れちゃうよ!!!!!!!

ペソギソ

割れちゃうリスクまで冒さなくても、中国で食器は十分揃います。

 

4大都市(北京・上海・広州・深セン)に行く方なら、IKEAがあります。

わたしが行って撮った広州IKEAの写真

▲パクリじゃなくて本物ですからね!実際に行って写真を撮ってきました。

 

必要なものはほぼ全部IKEAで揃います。私の周りだけなのかもしれませんが、中国に引っ越してきたらIKEAで食器一式を揃えてる人が多いですね。

わたしが中国のIKEAで買ったマグカップの写真

▲実際にIKEAで買ったマグカップ。たしか7元(=105円ぐらい)だったと記憶しています。安い!しかもオシャレ。

 

実際に買ったIKEAのサメぬいぐるみの写真

▲もちろん、人気のサメもいます。ええ買いましたとも。帰りの地下鉄でめっちゃかさばったのはいい思い出。

中国のIKEAは全7店舗
北京・上海・広州・深センの4大都市に加えて、成都・大連・南京にもあります。(2019年10月現在)

 

まとめ

何が必要か、なかなか絞りきれない中国生活の準備。でも、何でも持っていくわけにゃあいかん。

ざらし

飛行機の荷物には制限があるからね…

必需品を絞り込むうえで、この記事を役立ててもらえたら嬉しいです。

「他にもコレいるんじゃない!?」というものがあったら、是非コメント欄で教えて下さい!コメントいただいたものを随時追加していきたいと思っています。

Jinzo

中国生活、ぜひエンジョイしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)